ライトワーカーは全員スターシードなの? 違いは? 地球解放も大詰めの今、光のアンカーとなって地球アセンションのために頑張りたい。どうすればいい?

地球の次元上昇は続いているようです。

心身の浄化のためにもお水が必要らしいので
みなさんお水を沢山飲んでくださいね~

シューマン共振は
今これを書いている瞬間はちょっと落ち着いてますが…
(だから書ける……どうもエネルギーが強い時は
記事がなかなか書けないのです)↓

シューマン共振

※左から右に進んでいくので、現在は右の方です

横に筋が4本くらい入ってますよね?
この筋が太い世界線ではないか、と言われています。
(噂なので真偽はわかりません)

さて、地球さんは次元上昇中。
この場合、地球の次元レベルと、
地球に住む地球人ひとりひとりの次元レベルとは
違う、と考えないと混乱します。

(さらに集合意識としての次元レベルがあって…
とか考えていくと更に混乱するので省きます)

とにかくまず、

「地球さんは次元上昇している」
私たち地球人は、地球さんの次元上昇に
ついていけてたり、ついていけてなかったりしている」
と考えるとわかりやすいと思う。

neko

その身も蓋もない物言いをなんとかした方が…

だってさ、
「地球が次元上昇なんかしてないじゃん!」
「スピリチュアルの奴らがアホなことを言ってる」
とか威張って言ってたら

自分の周囲は次元上昇してるけど
自分だけ次元上昇できてなかった
ってことだったら切ないもんね?

勿論、次元上昇の進み方はそれぞれなので、
スタートダッシュがすごいけど後でゆっくりになる人もいれば
後伸びがすごい人もいるわけでして、
焦ることはないと思います!

アセンション症状がない!眠くもないし眩暈もない!と思ったら
とっくに次元上昇できてて身体が馴染んでる人だったり…

アセンション症状について書いた記事はこちら↓

みんなそれぞれなのです。
それそれ内観して浄化して頑張るしかない!

というのは長い前置きで、
私たちは今、大量に降り注がれている光の
アンカーならなければならないかもしれない。

neko

光のアンカー?なんだそれ

アンカー(Anchor)、日本語では(いかり)ですね。
スピリチュアルでは、光を受けとめて
地上に定着させる役割という意味で、そういう言い方をしたりします。

アンカーの役割を背負うのがスターシードである、と言われます。
スターシードは光のアンカーという
存在するだけでライトワークしている状態のようです。

neko

ライトワーク(光の仕事)か…
スターシードはライトワーカーでもあるってことかな

そうですね、スターシードは基本的に
ライトワーカー(光の仕事人)でもあると思います。

スピリチュアルでは
地球に光を拡げる仕事をしている人のことを
ライトワーカーと言うようです。

スターシードはライトワーカーになる目的を持って地球にやってきた…
(複数の目的がある時は、目的にライトワークが含まれている)
と言われています。

ライトワーカーって全員スターシード?
という疑問を持っている方が多いみたいなので…

今回はそのへんをまとめてみることにしました。

私、ライトワーカーなのかも……と思う方も
(こういう記事を引き寄せて読んでるあたり、確率は高そう)
いや、私は違う!と思う方も

よかったら読んでね。

錨(アンカー)
目次

光を拡げ、周波数を上げ続けてきた地球。

地球は、もう10年以上前から
周波数を上げ続けてきたようです。

地球アセンションはもう起こっている?
について書いた記事はこちら↓

2010年くらいから世の中おかしい感じですもんね?

地球アセンションが確定してから、
〆切に必死で間に合わせるみたいに💧
どんどん、どんどん波動(周波数)を上げてきたんだと思います。

〆切を多少延ばすことはできても、
地球が近々アセンションする未来は確定でもう動かせない…
(デッドラインってやつ)

小さなソーラーフラッシュ(太陽フレア)を繰り返してきたし
他にも色々と、銀河の高次元存在が関与してくれていたみたいです。

巨大なソーラーフラッシュ(グランドソーラーフラッシュ)を起こせば
いっぺんに地球はアセンションできるそうですが
地球上の生物の大半が生き残れないことになりかねない。
できる限りゆっくり進めたい。

地球人の周波数は下がり切った状態だったわけなので
下がり切った状態で死ぬと、多分今世の死だけで済まずに
魂もディセンションしてしまうんだと思う。

neko

地球を助けに来た高次元スターシードも
ディセンションしちゃうの?

私の認識では、どうもそういうケースは少なくないようです💧
高次元スターシードも周波数を下げて地球に降り立っているので
下がってしまったところで肉体が終わると、下がったままかも。

レベル70だったゲームプレイヤーが、
地球に合わせてめちゃめちゃレベルを下げて
ゲームに参加している… みたいな感じなので、
レベル7にいる時に突然ゲームがシャットダウンしたら
レベル7で確定……みたいな感じかな?

それでも、また時間をかけてやり直せばいいんだけど
ガックリきてしまいますよね。
魂削除なんてことさえ、あり得る地球状況だし……💧

少しでもなんとかしたいと思ってる人が多いわけですね。
(私のブログも「なんとかしたい」意欲で書かれていると言えます)

魂削除問題について書いた記事はこちら↓

とにかく地球人をアセンションさせるために…
(スターシードは自分も地球人となり、
地球人を助けつつ自分も宇宙に帰るために)

長い時間をかけて地球人を目覚めさせていく活動が続いています。

目覚めさせるというのは
地球に光を増やすことと考えていいと思う。

闇が深かったところに、朝日が降り注がれて
周囲が色々見えてくる
ような感じですね。


コロナ禍なんて、もう「世の中おかしい」を通り越して
年々、ハチャメチャになっていきましたよね?
世の中がおかしいことがわかりやすくなるというのは
照らし出す光が強くなっているということかと。

もう最近は、地球の周波数が
10年前の2倍くらいに高くなったと言われてます。

やっとやっとで、最近の地球(地表)&地球人の波動は
だいぶ上がったようです。

レベル7じゃなくてレベル15になったよ!とかそんな感じかもですが。
そして、周波数が上がった人殆ど上がってない人
二極化も激しいようですが…

二極化

スターシードとライトワーカーの違いは?

さて、宇宙から光が降り注がれ
なんとかして光を地球に拡げなければいけない昨今、
ライトワーカーは大活躍です。

光の仕事人・ライトワーカーは、地球上に光を増やすのが
メインの仕事と私は認識しています。

宇宙から注がれる光をアンテナになって受け取り、
周囲に拡げる役割なのです。

この場合の「光」は高周波エネルギーと考えていいと思います。
とても大雑把に言えば、光が強いほど周波数が高くなる。
(色合いなど別の要素はとりあえず無視してます)

宇宙から高周波エネルギー(光)を地球に伝えて
地球&地球人の周波数(波動)を上げて行こうとしても、
受け取り手がいなければ伝わらないようです。
それで光の受け取り手としてのライトワーカーが必要となるわけです。

光の仕事をする人がライトワーカーです。
人に愛を伝えるとか、人を救うとかの役割よりも以前に

「光のアンテナを立てて
宇宙から受け取った光を周囲に伝える」

……のが基本のライトワークだと私は認識しています。

(光のアンテナを立てることを
「光の柱を立てる」という言い方をしたりします)

全く自覚しないまま、
いつの間にか光を受け取り、周囲に拡げている人も
かなりいるようなのです。

君はそこにいるだけでいいんだ、
君は光を受けとめて地上に定着させる、錨なのだよ……
ということですね。

「君はそこにいて、笑っていてくれればいい」ことについて書いた記事↓

neko

上の記事はスターシードの記事だよね
つまりライトワーカー=スターシードなの?

いえ、ライトワーカーとスターシードは
かなりかぶるけど、同一ではないです。

スターシードは宇宙由来の魂です。
地球人のほとんどは宇宙成分が入ってるんだけど
宇宙人としての自分がメインになっている魂がスターシード、
という説が妥当だろうと私は思っています。

広義・狭義のスターシードなど、スターシードの説明記事はこちら↓

メイン意識が地球人である魂は多く
そういう魂は地球由来の魂(アースソウル)
と呼んだりするようです。

地球も宇宙の一部でありますし
境目は曖昧で、分け方も説によるわけなのですが
私の認識をシェアすると
人数割合的には、スターシードよりもアースソウルの方が
ずっと多いようです。

スターシードは
とにかく宇宙意識がメインになってる人。

アースソウルは
宇宙由来成分を持っていても、地球意識がメインの人。

ライトワーカーは
スターシードだろうとアースソウルだろうと、
とにかく光を拡げる人。

そういう分け方でいいと思っています。

アースソウルのライトワーカーは錨(アンカー)役とは違う、
という考え方もあるようですが
私はそこを分けても仕方がないと思っています。
とにかく自分の周波数を上げて、それを周囲に伝えるので。

(自分の周波数が上がらないまま、
周囲だけ救おうとするのは無理です!)

自分が宇宙から光を受け取り、自分の周波数を上げて
周囲に伝えていく人はみんなみんな、
ライトワーカーであり光のアンカーだと思う。

スターシードは、そもそも
ライトワーカーになるために地球に来たケースがとても多いので
ライトワーカーが多いと思いますが…

・スターシードで、無自覚にライトワーカー
・スターシードで自覚的にライトワーカー
・スターシードだけど(意識が下がり)ライトワーカーではない
・アースソウルで自覚的にライトワーカー
・アースソウルで(意識が上がらず)ライトワーカーではない

この5種に分かれているのが地球の状況ではないかと。
アースソウルで無自覚ライトワーカーは、いるかもしれないけど
極めて少ないのではないかな、とは思っています。

(追記・自覚といっても「ライトワーカー」という言葉の自覚だけではなく
よく人の相談に乗ったりで人助けばかりしていて
「私は人助けが天命だ」と思っている人も「自覚的」カテゴリと思って
上記↑を書きました)

スターシードだけど、意識が下がってしまって
ライトワーカーとは言えない状態になってる人
残念ながらかなり多いのが現状らしい…

あくまでも現在の私の認識なので、
間違いを見つけたらご指摘頂けると嬉しいです。

猫と錨

※我こそは錨に寄り添い励ます、地球アセンションのキーcatである…

倒れてしまわないように、地道に活動を続けたい。

ジャーマネK

私はスターシードなのにライトワーカーではないか
アースソウルでライトワーカーになれてないか
どっちかの気がして怖いです~~~

いやでも、Kさんはこのブログを助けてくれていますので…
それもライトワークの一環と言えるのでは…

ジャーマネK

ささやかにお手伝いできて嬉しいです~~~✨

いやこちらこそありがとうございます。
地球解放も大詰めですもんね。頑張りたいですねっ

neko

つまり、スターシードであってもなくても
ライトワーカーになれるってことだね?
ぜひなりたい人はどうしたらいいのかな

まあやっぱり、勇気を出して
周囲に伝えていくってことかなと思います。
スピリチュアルってアタオカ扱いされやすいですけど💧
光を拡げるためには、少しずつでもできる範囲で伝えていく感じですね…

身近な人はどうにもわかってくれない可能性が高いです。
ライトワーカーが寄り集まっても光が拡がらないので
基本、暗い中にポツンといる羽目になる運命
背負っている可能性が高いようです。

つまりライトワーカー(になるべくして生まれてきた人)は、
孤独な、理解されにくい状況で光を発し続ける必要があるそうな。
そうなるように決めてきたと言えますが、きついですよね。
お疲れ様であります。
自分を褒めよう。甘いものでも食べて癒されよう。

セブンが銀のぶどうのバターステイツ置いてくれて嬉しい。
あれおいしいんですよね~
コーヒー・紅茶のお供に至福なのであります…

無理はすることないです。
あなたがしっかり光を保持するだけで、周囲に伝わっていくので。
あなたが倒れてしまえば、光の柱が倒れてしまうということなので。

大変な地球で大変な時代ですが
地球に散らばっているライトワーカーの皆様、
励まし合いながら頑張っていきたいですよね!

私も頑張ります。
読んでくれてありがとうございました。

天使の梯子
錨(アンカー)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次