PAULのカヌレ、ローソンの冷凍カヌレを食べ比べてみた!カヌレはなぜ人気?

カヌレはおいしい。
カヌレのおいしさに気付いた私は、カヌレ探しの旅に出る……!!
と以前のブログに書きました↓

次はPAULのカヌレを買ってきて、焼いて食べよう!と思っていたのですが、
やっと買いに行けまして…

PAULの袋

※左下にそっと入っているカヌレ

さらにローソンの冷凍カヌレも買って来まして…

ローソンの冷凍カヌレの袋
neko

カヌレの袋を勢いよく破ってから「あ」とか気付いて
「えへへ」とか言いながら写真を撮る
雑なブログ主です

雑で悪かったわね。とにかく食べ比べたのでレビューします!!
カヌレを2つ交互に食べて、とても幸せでした。
みなさまがこれからカヌレを買う時の参考にしてください。

目次

PAULとはどんな店?フランスが本店の伝統あるパン屋さんです。

さて、PAULとはどんな店なのか。
「フランスが本店の高級パン屋さん」です。
長時間発酵生地が特徴です。

パン作りにおける発酵とは、
イースト(酵母)が炭酸ガスを発生させてパン生地を膨らませること。
高温の場所に置いておけばすぐ発酵し、
低温の場所に置いておけば発酵に時間がかかります。

長時間発酵とは、低温の場所にパン生地を置いて、
長い時間をかけて発酵させることです。
それによって、熟成が進んでとても旨味の多いパンになるそうです。

クロワッサンやフランスパン、そしてカヌレはPAULの人気商品です。
私はPAULのパルミエが好きで、たまに買ってきて齧ってました。
大きいので満足度が高いです。リンク先に写真があります~

公式サイトによると「1889年北フランス発祥」だそうです。
130年以上の歴史のある店なんですね。そんなに長いとは知らなかった。

日本では、北海道・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県に
計28店舗あるそうです(2023年9月現在)

ちょっとお高いのですが、味がおいしくて「フランス系パン屋さんの王道」
という感じなので、とても好きなパン屋さんです。
PAULのカヌレも食べたことはあったのですが、特にハマらず、
カヌレの魅力を理解できないまま、
「私はパルミエを齧ってる方がいい」と思ってました。

neko

君が大きなパルミエをおいしそうに齧ってるのを見ると
本当に甘いものが好きなんだなと呆… いや驚くね

パルミエはホント、パイの生地がおいしいしボリュームもあって
齧ってるとハッピーになるのでお勧めです! コーヒーにも紅茶にも合います!
でも今回はカヌレの話ね!

カヌレも色々。2つ並べたらけっこう大きさが違う。

ローソンの「焦がしバター香るカヌレ」は、
2つ入り441円なので1つ220.5円(税込)で1つ145kcal、糖質22.22グラムです。

PAULのカヌレは、1つ367円。カロリーの公式情報が見つかりません。
168kcalという説を見つけたのですが、
ローソンカヌレとの比較で考えても、大体そのくらいだろうとは思います。

2つ並べるとこんな感じです。左がPAUL(常温)、右がローソン(冷凍)

PAULとローソンのカヌレ

焼いた後がこれです。ローソンは3分焼いて5分静置
PAULは1分半くらい焼いてみました。

こちらは少し高さ・大きさの差がわかるかもしれません。
PAULの方が大きく、ローソンの方が小さめ(高さが低い)なのがわかります?

さて、いざ実食……!!

カヌレ美味センサー発動。カヌレを理解し愛して、人は大人になる(?)

まずPAULのカヌレは…カリッと感は少なめ。柔らかめでむっちり。
カヌレのおいしさを知った私は、以前食べた時よりも
「ああおいしい!これが王道カヌレだ!」と感じます。
カヌレの美味センサーが育っている。成長した私……!!

何かの風味がとても強いような…
バニラビーンズの気がするけど、バニラビーンズだけじゃないような…
なんだろなんだろ、と思ってレシピ検索してわかりました。
ラム酒だ……!!

ラム酒ってとても個性が強いお酒ですよね?
なのにラム酒だとわからなかったんです。
私はラム酒入りのお菓子は好きで、
ラム酒入りチョコもラム酒入りのパウンドケーキも
「ラム酒が効いておいしい」と思っていました。

でも、今回のカヌレはラム酒とわからなかったのが衝撃でした。
つまり、たっぷり入ってひたすら煮詰めた「牛乳」の風味がとても強く、
混じり合ってラム酒じゃないみたいに感じたみたいなのです。

煮詰めた牛乳のパワー恐るべし!!
と思いました。

ローソンの冷凍カヌレは、外側は堅くカリッとしており、
中はもっちり、むっちり、濃厚で密度が凄い…!!
細かいレビューは上の方にリンクしたブログを読んでくれると嬉しいです。

PAULと食べ比べてわかりましたが、ラム酒の風味は強くないです。
中はとてもなめらかで甘く濃厚で少しひんやりで
相変わらず、すさまじいおいしさです。

ジャーマネK

おいしかったね~!
私もカヌレのおいしさってイマイチわかってなかったし
ローソン冷凍カヌレもPAULのカヌレも初めて食べたけど
今回、おいしさに衝撃受けたよ!!

Kさん、この2種カヌレ食べ比べ企画に参加してくれてありがとうございます。
いやーおいしかったですよね。

大満足でした。2人とも2個ずつカヌレ食べたら
お腹がいっぱいになってしまいました。

カヌレたち

PAULのカヌレとローソンの冷凍カヌレ、どちらの方がおいしかった?

neko

で、どっちの方がおいしかったの?

いやー悩む!
どっちもおいしいんだけど、
やはりローソンの冷凍カヌレの衝撃はすごかった。
PAULを温めて食べてみても、ローソンのあの衝撃を超えなかったかも…
ローソン恐るべし。

ジャーマネK

私も悩むけど、やっぱりローソンのあのミルキーな濃厚さ、
もっちりむっちりの食感、すっかりファンになりそう。
うーんまた食べたい。冷凍庫に常備したい

そうですよね。本当にローソンの冷凍カヌレは凄いと思います。
外側がかなり堅くて、ものすごくカリッとしていて
内側がひたすら濃厚で、ものすごくむっちりもっちりしていて…
PAULを超えかねない衝撃冷凍スイーツ。今ローソンから目を離せない。

ただ、本場のカヌレはやはり、ラム酒がしっかり効いているものだと思うんです。

ローソンの冷凍カヌレも、原材料に「洋酒」が入っていて
ラム酒を使っていると思うのですが、風味はほんのりでした。
わざとそうしているんだと思います。
ラム酒をあまり効かせない方が、日本人好みの味になると思ったのか…

Lawsonの冷凍カヌレの原材料と食べ方

私もKさんも、
お酒の風味の強くないローソンの冷凍カヌレに強く惹かれたわけですが、
本場の正統派カヌレは、もっとラム酒の風味が強いものなのではないか。

ラム酒の風味が強くなければカヌレとは言えない!!
みたいな考えを持つ方もいらっしゃるかもしれません。
実際PAULのカヌレは本当においしく、ラム酒の効いた正統派かも…

ローソンの冷凍カヌレは、カヌレの日本的発展形かも…
ネオ・カヌレと言えるのかもしれません。

まあ好きなように生きればいいので、
縛られる必要もなく、
「やっぱり正統派」とか「ネオ・カヌレ素晴らしい」とか、
それぞれにカヌレを楽しめばいいのだと思います!

neko

話を聞いていたら僕も食べたくなってきたよ

猫に人間用のお菓子をあげたらいけないのよ。
人間用の乳製品も猫には危ないし、アルコールも猫には毒
焼き菓子だからたぶんアルコール成分は飛んでるとは思うけど、
あげるわけにはいかないわ。

neko

…………………。

ということで、猫でないみなさんはおいしいカヌレを発見したら教えてください!

カヌレたち

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次