映画「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」(エブエブ)はマルチバースがテーマのA24の大ヒット作品。別の世界線、覗いてみる?

凄い映画を観た気がする…

コメディタッチで面白くてかなり笑いつつ、
感動して号泣してしまった。

neko

君はどんな映画も大抵、泣きながら観てるから
話半分に聞いておくよ

いや、本当に超面白い&感動だったんですってば。
並行宇宙世界線、マルチバースを信じる人からすると
物凄くわかりやすくて、没入して観てしまいましたよ。
信じてない人が見てもなんとなく納得しちゃうと思う。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス
Everything Everywhere All At Once


という名前の映画です。
えーと日本語に訳すと「あらゆるものを一度に」とか
「何でもどこでもいっぺんに」とか
そんな感じになるんじゃないかと思います。

neko

マルチバースを扱ってて
あらゆるものが一度に来るような映画って
頭がごちゃごちゃになりそう

それがねえ、うまくコメディでまとめていて、
マルチバースの仕組みも直感的にわかるようになってるので
なんとなくわかっちゃうんじゃないかと思うよ。

ということで、並行宇宙や世界線を理解したい人にも
大変わかりやすく描かれているし
とにかく面白い!キャラが立ってる!
ノンストップ・エンターテイメントムービーだ!

ということで、映画を観る楽しみを奪わない範囲で
魅力をご紹介しようと思います。
未見の方は、ぜひこの映画に興味を持ってくれるといいな。
読んでみてくれると嬉しいです。

映画を観る
目次

A24による、米アカデミー賞7部門獲得の大ヒット映画。

「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」は、
2022年のアメリカ映画。

米アカデミー賞で7部門獲得
(主演女優賞、作品賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、編集賞、脚本賞)
の、評価の高い大ヒット映画です。

A24(エー・トゥエンティーフォー)という
映画製作・配給会社による作品なのですが
A24は、従来の大手映画会社には作れないような
尖った作品を次々と世に送り出し、
数々の賞を席捲している会社として有名です。

物語の舞台はアメリカですが、
中国系アメリカ人の女性、エヴリンを主人公として始まります。
同じく中国系の夫と、もう成人している娘1人。

しっかり者のエヴリンの生活は、悩み多く忙しい。
経営しているコインランドリー店には国税局の監査が入り、
同居の父の介護、娘との関係にも問題を抱えており、
優しく頼りない夫にも不満があります。

国税局に税金の申告に行き、お役人にこってり絞られている時に
突然、優しい夫がキリッと豹変して、
「別の宇宙からやってきた」と言い出すからびっくり!

「全宇宙にカオスをもたらす悪の存在を倒せるのは君だけだ!」
と言われ、戸惑いながら別宇宙に吹っ飛ばされるエヴリン。

エヴリンは別宇宙ではカンフーの達人だったり、
歌手だったり凄腕の調理人だったり、
様々な能力を開花させているわけですが…

マルチバースを自在に渡り歩きながら
別宇宙のエヴリンのパワーをもらって強くなりつつ
エヴリンは全宇宙を、そして大事な家族を救えるのか……!?

という、紹介している部分だけでも、相当に荒唐無稽です。
でも並行宇宙があることを確信してる者からすると
これはリアルだ。

neko

リアルなの?
みんな一歩間違うと別宇宙に吹っ飛ばされて
全宇宙を救うためにカンフーで戦わなきゃいけないの?

中国人ならカンフーできるでしょ、みたいな
アメリカ人目線みたいなものはちょっと感じましたが
(日本人なら空手や忍術使えるでしょ、みたいな視線というか…)

同時にアメリカ人についても俯瞰視点があって
制作者は手練れだなあという印象を持ちました。
相当にストーリーを練り込んで、観客視点を知り抜いてる…

そして印象的なセリフの数々。

制作者さんたちはきっと何もかもを知り抜いた上で
映画に「今の時代」を吹き込んでいると感じました。

「ただ、感じるんだ……君も感じているだろう、何かが変だと。
昨日と服の着心地が変わり、自分の髪にも違和感を覚え、
そしてコーヒーの味も、違う……
秩序が壊れつつある。もはや、誰も信用できない。
そして、夜も眠れなくなる」


激動のこの世界の解説ムービーにもなっている。
私たちは宇宙がたったひとつしかないと思い込んでいた。
でもエヴリンのように、「何かが変だ」と感じ始めて…
気付くと多くの宇宙を体感しつつあるのです。

マンデラエフェクトについて書いた記事はこちら↓

そんな時代を、コメディタッチで描いている。
私たち観客は、お腹を抱えて笑いながら
夫との行き違い、娘との葛藤、面倒な社会や税金問題…
そんなエヴリンの人生を辿りながら乗り越えながら、
気付くとマルチバースを体験しているのです。

いやー凄い映画体験でした。
私は映像技術に詳しくはないのですが
かなり最新気鋭の技術が盛り込まれているらしいです。

とりあえず、シナリオは凄いと思いました。
意味がわかってもわからなくても引き込まれて面白く観られて
説明を極力少なく、直感的になんとなく納得させてしまう、
パワーと緩急の技があります。
かなり高度な技術だと思う。唸りました。

爽快な映画体験でした。
気付くとなんとなくマルチバースを感覚的に理解できると思う。

ぜひ皆さんも体験してほしいです。
予告映像はこちら↓

マルチバースは多元宇宙。並行宇宙とは何が違う?

さて、マルチバース(multiverse・多元宇宙)とは
どういったものでしょう。

ユニバ―ス(universe)
「ひとつの宇宙」という意味があります。

「uni」は「1つの、単一の、唯一の」などの
意味を持つ言葉なので
uniをmultiに置き換えて作られた造語であり
マルチバースは「多くの、多数の宇宙」という意味になったわけです。

ジャーマネK

マルチバース(多元宇宙)って
並行宇宙とは違うんですか?

用語の解釈に多少のブレはありそうな感じですが、

・世界線が沢山並行している宇宙が「並行宇宙」
・並行宇宙が沢山あるのが「多元宇宙(マルチバース)」

と考えていいのではないかと思います。

エブエブ(エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス)では
そういう細かいところの説明はありません。

しかし、なんとなくで
「近くの宇宙(別世界線)」「遠くの宇宙(別の宇宙)」
の違いが感じ取れるようになっています。

別の宇宙になってしまうと、
手の形が全然違ってしまったりして…
足でピアノ弾いてたりして…
そういうのもこの映画の面白いところなので、
注目して観てみてくださいね!

私たちは何だってできる。何だってアリ。
どんな「別世界線の」「別宇宙の」自分にも飛べる。
それでいて今ここにいる私を生きている。

時に「何故生きるの?」「人生になんか意味あるの?」
とか言いたくなるくらい、疲れ果ててしまうこともあるけど…

でも生きててよかった、かも…
なーんてエヴリンと一緒に、
真面目に思えてくるような映画でしたよ。

並行宇宙

色々な配信サービスで観られます。あなたもエヴリンになってみる?

どこで観られるか。

私はAmazonプライムの有料レンタルで観たのですが
huluやYouTube、Netflixその他、多くの配信サービスで
有料だったり見放題だったりするようです。

時期によって変わるので、ご利用されてる配信サービスなどで
検索してみてくださいね。

中国系アメリカ人が主人公と家族で、中国語も出てきそうで
翻訳が複雑になる気がしまして、
字幕で映画を観ることの多い私ですが、吹き替えで観ました。
(吹き替えの方が多少情報量が多くなります)

字幕では観ていないので比較はできませんが
吹き替えはわかりやすく、不明と感じる点は殆どありませんでした。

観終わったら私もおでこに目 👀を貼りたくなりました~

ぜひあなたも、
愛と感動のマルチバース体験をなさってください。

私もこれからも、スピリチュアル的に
宇宙のネタバレをわかりやすく描かれている映画を
開拓していこうと思います。

読んでくれてありがとうございました。

猫家族

※家族っていいですね💓

並行宇宙

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次