もう地球がシフトの真っ最中?もう5次元意識になっている人もいる?二極化でなく多極化、選ぶのは自分!アセンションしたいあなたへ。

どうも、地球はシフトしているらしいんですよ…

neko

「今日はバイトのシフトがあるから忙しいの!」とか
そういう話?
地球がバイトしているのをイメージしたら、ちょっとかわいいかも

地球さん

そうじゃなくて、移動とか移行とかそういう意味の方です!!

シフト【shift】 の解説
位置移動すること。状態体制などを移行すること。(引用元↓)

「5次元に行きたい、新地球に行きたい」と思ってる方が多いけど、
地球って既に、新地球にシフトしてるんですって。
今はシフトの真っ最中ってことかな?

マジか。という感じですけど、nekoはシフトを感じていますか~?

neko

いや、僕はいつでも自由だからね。
そもそも何かに所属する感覚はないから、
常に自在にシフトしているとも言えるかな……

いいなあ、私も猫になりたい。
3次元にいる人間はなかなか、自由にシフトしていける感覚がないんですよね~
でも地球さんはシフトしていて、私たちは
ちゃんと5次元行きについていけてるの!?
と不安を感じてしまう今日この頃なわけです。

neko

そもそも、5次元とか新地球とか言われても、
全然イメージが湧かないよ
5次元って、アニメ・ゲーム原作で
若手俳優の登竜門のミュージカルみたいな世界のこと…?

それは2.5次元でしょう。
5と2.5では2倍も違うじゃない!!

neko

ちょっと冗談を言ってみようかと思ったんだ…

んーでも、なんとなく2.5次元的ワクワク感ってあるかもしれないね…
毎日がミュージカルみたいな… 案外イイトコついてたりして…

物質次元特有の重さがなくなって、ふわっと軽くなるんだろうな~
どうすればシフトについていけてるのか、知りたいですよね~

ジャーマネK

ホントわたし、新地球に行けるのか不安なんだけど
不安は波動が低いって聞くし
5次元ってどういう感じなのか聞いてワクワクしたいな~!!

そうですね、
不安だーとか行けなかったらどうしようーとか
暗くなってるとなんとなく、波動によくない感じしますよね~

どうすれば行けるかではなく、もうシフトは始まっているそうだし?
どんな感じになっていけば5次元感覚なのか、
できるだけイメージして、自然にシフトの波に乗りたいですよね~!!

ということで、色々考えてみました。

※新地球に行く頃プチ氷河期が来てしばらく寒いという説もあります
何が起こるか、まだまだ未知数です

目次

今が分かれ目とは言われるけど、深刻にそうかもしれない。

まず、
「地球が5次元に変わっていく」
「ついていけるか、振り落とされるか」

と言う感覚だと、合ってるとも言えるんだけど
ちょっと違うイメージかもしれない。

まず、私たちの現実ってパラレルだから…
世界線が沢山あって、それぞれの周波数に合った道を進んでるんですよね。

世界線の縄

それぞれの地球が、太い世界線(縄)だと考えればいいのかな…
その中で、中太世界線があり、細い世界線があり、
個人の糸のような世界線もある、
というイメージで私は整理しているのですが…

世界線の仕組みを縄を使って説明した記事はこちら↓

これから5次元に向かうにあたって、
今、私たちがいるこの世界線は「3次元・5次元共同世界線」であり…
最終的に3次元と5次元に分かれると言われています。

でも2つに分かれるという感じではないかも。

neko

え、じゃあどんな風に分かれるの?
3つや4つに分かれるの?

3次元の縄が沢山、5次元の縄も沢山って感じに分かれるのかな。

そして、それぞれの縄がどんどん離れていく感じになるようです。

並行宇宙

5次元というのは、近いものが寄り集まる世界なので…
遠いものは遠ざかっていくということかな、と思います。
もしかしたら、3次元の縄は今まで通りにくっつき気味かもしれないですが…

2極化とか言われますけど、
実際は多極化かもしれない。
エネルギーや周波数ごとに分かれると、
別の周波数のコースはどんどん遠ざかってしまう感じ。

この説明がとてもわかりやすかったので、もしよければ見てみてください。
「アーロン・ドーティ〜古い地球と新地球🌏分かれ目はココ!!〜」

今が分かれ目。どこを目指すのか、しっかり決めないといけない。
周波数が分かれ、別の路線に乗ってしまうとどんどん遠ざかる。

遠ざかってしまうと、どんどん会えなくなっていくようなのです。

今が大事な正念場。今後は世界線が遠ざかってゆく?

neko

つまり、今どういう現実(路線)を選ぶかで、
未来が大きく変わってしまうってことかな

そうですね。今の自分のエネルギー状態、周波数が路線を決めてしまい、
今後は世界線がバラバラになり、どんどん離れ遠ざかっていく…
乗り換えがきかなくなっていく可能性が高いです。

ジャーマネK

それはたいへん。どうしよう~
本当に今が大事な正念場なんですね~

もうみなさん5次元にいますよ!という説もあり、
まだ行けている人は殆どいない説もありますが
私は「まだ行けている人は殆どいない」のではないかなあと思っています。
(明晰夢の中で、もしくは亡くなって行けている人はいると思うけど)

ただ、そろそろ5次元にうっすら入りかけている人は出てきてるみたい?
3次元5次元共同のこの世界線で、5次元寄りのあたりだと
「ちょっと5次元感覚になってきたかも~?」
みたいな人は増えてきているみたいなんですよね。

だから、5次元感覚をイメージして、なるべくそっちに寄せて暮らした方がいいかな。
とは凄く思います!
(私は3次元に行きたいのだ!って人は当てはまらないですね、すみません)

覚醒の兆しとは、という記事も書いたんですが…↓

それよりももう少し先の、
5次元になったらどうなる?
こうなっていたら
5次元感覚に足を踏み入れているかも、
という視点でまとめてみました。

こんな感じに寄せていくことで、
エネルギーも周波数もアセンションに寄っていくのでは!と思います。

【あなたも5次元感覚に足を踏み入れている?】
・何でもポジティブに捉えられるようになっている
・ネガティブなことが起こっても、ネガティブな気持ちにならない
・ネガティブな気持ちが浮かんでも、すぐ消えてしまう(数分とか、早い人は数秒とか)
・悩めなくなる(悩むような材料があっても、悩みが雲散霧消してしまうイメージ)

・エネルギーがなんとなく伝わる(人や場のエネルギーに敏感になる)
・引き寄せが日常的になる(思考の現実化がすごく早い)
・人のことも自分のことのように考えるようになる(ワンネス感覚)
・共感が強くなる
・人が喜んでいると自分も嬉しい(エネルギーに共振)

・意識を広げることができる(広々とした部屋全体の意識などを持てたりするそうです)
・時間感覚が変わってくる(夢の中のように、長時間が一瞬だったり、一瞬が長かったり)
・エゴが薄くなる(分離意識が消えて、自分が!と言う感覚がなくなってゆく)
・ジャッジしなくなる(ワンネス感覚に近づくとジャッジの必要・意欲がなくなる)

ジャーマネK

なんかいいことばかりの気がする~
私もぜひ、5次元感覚になりたい!
自分が自分が!のエゴを薄くしたいです~

ただ、5次元感覚に寄っていく弊害はあると思います。

共感が強くなるし、どんどん引き寄せてしまうので、
ネガティブなものに近寄る・思考すると危ないようです。
(ネガティブも引き寄せてしまう!)

近寄れなくなってしまう、と言う感じもあるかも。
ホラー要素のある映画もドラマも受け付けなくなったり…

また、5次元にどんどん近づいてゆく過程で
残ったカルマを清算しようとして
かなりきついことが連続して起こったりするので…

一気に5次元感覚になろうとするよりは、
ゆっくりとにじり寄る方がいいかもしれません。

ゆっくり近づく

5次元意識はそんなに遠くないかも。気付かれるのを待つ青い鳥?

neko

なんだ、それだけのことかって思ったよ
僕は既に5次元意識を生きてるかもしれないな

そう言うと思った…
まあでも、猫じゃない人たちはけっこうタイヘンですよね~

でも私も、【あなたも5次元感覚に足を踏み入れている?】
の表を書きながら、
あれ? けっこうこんな感じあるかも。
と思ったので、案外本当にみなさんも、
5次元感覚って身近になってるのではないかと思います。

消そうと思うと雲が消せてしまうのは有名ですが、
そんな感じで天気もけっこう変えられたり…
(自分が変えるというより、自分にとってちょうどいいように
ハイヤーセルフや守護霊が変えてくれているような?)

思考の現実化が早まっているし、
あまりネガティブな気持ちにならないし、なってもすぐ消えるし、
昔なら悩んでいたような材料はあっても、全然悩めなかったり

ああ、5次元意識ってそこまで遠くないんだ。と思うのです。
3次元から5次元に移行する(アセンション)は、とても厳しいようでいて
案外近いところにあるのかもしれません。
青い鳥のように…

そう、気付けるか気付けないか、それだけのことだったのかも―――

大変な時代も大詰めです。
不安もあると思いますが、不安に囚われそうになったら
深呼吸して、
なるべくポジティブなことを思い浮かべて、
宇宙はひとつでみんな繋がってるから、喧嘩してもしょうがないな。
あの人は私自身だから、ジャッジする気も失せるなあ。
とかなんとか考えて…

ぜひお気楽ポジティブに
3次元地球最後の日々を楽しく送りたいですよね!
私も頑張ります!

読んでくれてありがとうございました。

フランスの灯台

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次