五次元に行くには、意識を五次元意識に高めればいい? 個人の次元上昇と集団とは違う? 世界線を変えて地球アセンションを実現するには。

最近、「5次元意識」という言葉をよく聞く気がする…

neko

「5次元」ではなく「5次元意識」?

そうですね~

5次元に行きたいなと思ってる人が
とても多くなっている昨今ですが…

5次元に行くというのは、
東京から大阪に行く(物質次元を移動する)みたいな話ではなく

意識を変えることで5次元に行けるのだー!
ということだと思うのだけど。

ジャーマネK

5次元に行くって、つまりアセンションですよね?
意識を変えると5次元に行けるなら
ぜひとも意識の変え方を知りたいものですー!!

そうですね、物質次元である3次元と違って、
5次元は意識を変えることで到達する次元…
ということになるのだと思います。

意識をこう変えれば、5次元に行けます!
というものではないかもしれないですが…

意識が拡大し、5次元意識になると、
あなたの現実は5次元的に変わっていく
――――とは言えると思います。

ジャーマネK

自分の現実が5次元的に変わっていくというのと
自分が5次元に行くっていうのと
違いがよくわかんないのです~

確かに、そうなのです。
説明が難しいところではあります。

neko

最近、世の中が色々激動だというのはわかるけど
5次元現実になったとは言えないもんね
でも「自分の現実が5次元的に変わっていく」ことはできるの?
違いを知りたいな

そうですよね~
難しい話だとは思います。
5次元現実に変わる(地球がアセンションする)って本当に大変なことだけど
ひとりひとりが5次元意識に移行していくことで
ひとりひとりの現実も「(ある程度)5次元的に変わる」のは事実だと思う。

そのあたりを、できるだけわかりやすく
説明できるといいなと思います。
もしよかったら読んでね。

次元上昇
目次

自分の次元上昇と地球の次元上昇は違う。でも繋がっている。

次元上昇って、結局どういうことなのか
わかりづらいですよね~

neko

いつの間にか5次元に到達している人は
よくいるとか聞くけど
1人だけ次元上昇ってできるものなの?

そこらへんは、説明が難しい気がするんですけど
私なりの理解をシェアするとですね…

個人のアセンションと集団のアセンションは違う。

個人で5次元意識になることはできる。
でも私たちは皆、集合意識にも属しているので…
1人で5次元意識になっても、現実世界は変わらないんですよね。

既に5次元になった現実世界も一応存在すると思いますが…

neko

存在するの? じゃあそこに行けばいいってこと?

5次元に行きたいなら、
5次元がすぐ現実となる世界線を選ぶ、というイメージだと思います。

既に5次元になった後の世界線にいきなり行くのは無理そう。
(「5次元行きのゲートを通過する」必要があると思うので)
今までは、現実が5次元になる世界線って、とても細そうでした。
(人が凄く少なそう)

2022年春分にアセンション世界線に乗れそうだったけど
乗れる人が凄く少なそうでやめた、
ということを書いた記事はこちら↓

つまり、3次元世界線に所属しつつ、自分だけ5次元意識―――
というのは可能だし、

2年前の段階ではわずかの人しか乗ってなかったけど
「現実が5次元となる」世界線も存在し、乗ることも可能は可能…
ということだったかなと思うんですが。
(でもかなり人数が少ない世界線で、大変な現実が顕現しそうだったです)

これからなんとか、かなり多くの人の所属する世界線
現実に5次元化していけるように、皆さん頑張っているのだと思います。

neko

つまり、地球が5次元化していないうちは
自分だけ5次元意識になっても現実は変わらないってこと?

そうですね、そういう感じではあります。
でも「現実は変わらないのだ!」と言い切れない難しいところもあり…

今回は深掘りしないけど、自分だけでも5次元意識に変われば
自分自身の生活や人生は5次元的に変化していくと思います。

そして、ひとりひとりが5次元意識になって、集団のうねりを持てば
現実が5次元化する(地球がアセンションする)可能性が高まるんです。
現実が5次元化する世界線が顕現するってことです。


別の言い方をすると、ひとりひとりが5次元意識となってゆき、
その人数(エネルギー)が一定以上になれば、
5次元が現実となる(地球がアセンションする)。
ということになります。

neko

なんだか実感が持てないというか、
言ってることが今一つわからない感じだなあ

確かに実感持ちにくいですよねえ。今までにないことが起こるわけで。

自分の個人世界線だけが変わっても、太い世界線は今までのままかもしれない。
太い世界線が変わらないうちは、個人世界線の変化も微細に留まるかも。

でも個人世界線を変えた人が沢山集まると、太い世界線も変化する。
――――とも言えますね。

変化

私たちは個人でもあり、集団の一員でもある。

つまりですね、
私たちは個人でもあり集団の一員でもあるって感じかな。

ある高校で、修学旅行に行く場所が毎年、京都に決まっていても
自分は東北に行きたい場合…

どうしても自分の希望を通そうとすると

「高校を休んで自分だけ個人旅行で東北に行く」
「修学旅行が東北である別の高校に転校する」


みたいになってしまうわけです。

どっちも大変ですよね。
修学旅行で行きたいのに個人旅行で行っても淋しいし…
転校したら、仲のいい友達とは離れ離れだし…

希望者が集まって、
「このあたりの地域は皆、中学の修学旅行が京都だったんです。
アンケートを取ったら高校の修学旅行では東北に行きたい人が過半数でした。
うちの高校の修学旅行先を東北に変更しませんか?」
などと運動し、変えてしまうことは可能。

でなきゃ諦めて「京都は何度行っても素敵だよね」と
納得するしかないかなと思います。

自分だけ5次元意識になっても(高校を休んで東北旅行しても)、
3次元現実は変わらない(高校の修学旅行先は変わらない)。
でもひとりひとりが5次元意識になって(修学旅行先の変更運動をして)、
それが一定以上のエネルギーとなれば(東北希望者が一定以上となれば)
現実を5次元に変える(高校の修学旅行先を東北に変える)ことは可能。

という感じがなんとなく伝わると幸いです。

清水寺

ひとりひとりが5次元意識となり、世界線を変え、未来を変えてゆく。

さて、結局のところ、自分ができることは
自分の意識を5次元意識にするしかない
――――ということになります。

沢山の人が5次元意識になったら
「みんなで5次元に行こう」
「今いる世界線を5次元世界線に変えよう」

ということになっていけるけど…

そもそも、1人1人が5次元意識になってからの話、
という感じになります。

じゃあ具体的にどうすれば5次元意識になれるのか。
一般的に言われていることを、私の解釈でまとめました。

【5次元意識に変えていくためにすること】

5次元のイメージを持つ
・5次元では、私たちの意識が現実を創造する
・私たちは過去・現在・未来を同時に経験し得る
・私たちは肉体の存在ではなく、エネルギーの存在である
・夢の中では瞬時に様々な場所へ移動できる、5次元ではそれが現実になる

内観する
・内省し、自分自身に向き合う
・シャドウワーク(抑圧している自分の影に向き合う)をし、影を受容する

他者との関係を見直す
・他者への共感や理解を深めてゆく
・他者の喜びを共に喜び、他者の苦しみを減らためにできることをする
・共感できない他者とは距離を置く(近しい人、それまで親しかった人でも)
・ポジティブと感じる人、共感できる人との交流を増やしてゆく

スピリチュアル能力を受容し、伸ばしてゆく
・直感、予知、テレパシー、遠隔視などが起こり始めたら否定しない
・5次元意識になると起こって当然であると受け容れる
・何も起こらないとしても、個人の段階や設定があるので焦らない

自分のエネルギーを保護し管理する
・エネルギーの存在であると認識し、思考や感情をクリアに保つ努力をする
・日々、グラウンディングするよう努める
・身体を清めるのと同様にエネルギーを浄化する意識を持つ
・ネガティブなエネルギーを感じたら距離を置く、影響を受けないよう意識する

5次元意識で生きることを決意する
・エゴを減らしてゆく(3次元地球にいる以上、完全に無くすのは無理)
・自分は愛と光の存在であると気付き、自分の中の闇や暗黒面と統合してゆく
・自分は宇宙の一部であり、宇宙全体でもある。そのことを少しずつ腑に落としてゆく

具体的にこうすべき、ということは今回は書かずに
なるべく全体的・俯瞰的にまとめました。

個々の説明は、今までの記事に色々ありますし…
(他にも多々ありますが、いくつかリンクします↓)


3月20日は春分の日、とてもエネルギーが高まる日です。

その後もエネルギーが高まる日はありますので
あなたがこれを読んだ時の
直近でエネルギーが高まる日に、

なるべく心を落ち着けて
アファメーションをしたり、
気を付けて危険のない範囲で瞑想をしたり
自分の内面に向き合ってみることをオススメします。

春分の日はお昼休みくらい(昼12時~)に
アファメーションや瞑想を行うと発信している人が
多いようなので、そのくらいに行うと
沢山の人と同じ思いを同時期に持ちやすく
より強い力となる(地球アセンションの一助となる)かもしれません。

大変な時代ではありますが、なんとか
5次元意識へと意識を高めていきたいですよね。

私も頑張ります。

読んでくれてありがとうございました。

アセンション
アセンション

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次