魂を削除される人がいる?part2! 魂が薄すぎて削除される!? 「私はもう削除でいいです」はお勧めできない理由とは。

魂を削除される人がいるらしい。
衝撃的ですけど、私も実際初めて聞いた時はぎょっとしました。

魂を削除される人がいる? 前回の記事はこちら↓

そこでは、
・悪すぎる魂
・成長しない魂
が削除されてしまうらしい、でも今なら間に合うよ!
――――という内容のことを書きました。

neko

たとえば殺人鬼の魂が削除されるのは理解できるけど、
成長しない魂が削除されちゃうのって、
悲しいような気がするな

そうですよねえ。
3次元と5次元に分かれる時に
5次元に行けず、3次元に行く人は多いと思うのだけど…
(勿論、自分の希望で3次元に行くのは自由なのですが)

そして元から魂がなかった人
この人生(肉体)が終わったらおしまい、というのはわかるんだけど…

魂があるのに削除されてしまう
というのは穏やかじゃないですよね。

どうにかならないものかなと思います。
今からでも「削除され得る」ことを知って、
削除されない方向に頑張って欲しいなと思うんです。

ちょっとした心の変化で…
それこそこの記事を読んで「ちょっとハッとした」とか
その程度でも、運命は変わり得ると思うので。

ただ「私、いっそ削除されたい。もう疲れたし」
とか思ってしまう人もいるみたいなんです。
それはぜひやめた方がいいと思うんです。

魂が勿体ないからというんじゃなくて。
長い魂の歴史の中で、この短い今世の中で、
今のあなたが勝手に「削除希望」の意志を持っても、
多分うまくいかないと思うのです。

ということも含めて、前回の続きをまとめてみました。
よかったら読んでみてくれると嬉しいです。

魂に花
目次

薄すぎる魂も、成長できないかもしれない。

さて、「悪すぎる魂」「成長しない魂」が
削除可能性がある、という話ですが、

前回書ききれなかったのですが、
「薄すぎる魂」というのも
削除される可能性があるかもしれません。

どうも魂は、薄くなるほどだんだん個性がなくなっていき、
自分の頭で何も考えなくなっていき、
周囲に合わせるだけでなんとなく生きてしまう
――――みたい。

周囲に合わせて、自分の頭では何も考えなければ
成長しなくなってしまいますよね?

だから「薄すぎる魂」というのは
成長しない魂の1パターン、
と言えてしまうのですが…

でも、人に合わせる能力ってすごく重視されてきましたよね?
そう洗脳されてきた、と言えてしまうと思うけど。

空気読め-とかね。
意見があっても黙っていられるのが大人だーとか。
長いものに巻かれた方が円満で、出世もできちゃう世界だった…

でも、浮かずに人と同じことができて、空気を上手に読めて
和気あいあいと感じよく暮らしている人こそが
(学校における「カースト上位」「一軍」みたいな人が)
実は魂削除の危機にあったり……
ってこともあるかもしれないんですよね…💧

neko

黙っていられる人が多いよね
君って何か意見があると黙っていられないでしょ
君のような変わった人間を飼ってる猫
珍しいみたいだなと思ってるよ(僕みたいな)

い、今なんかサラリと
聞き捨てならないことを言われた気もするけど…

まあとにかく!(気を取り直す)
空気を読んでうまく合わせることができる人は
魂としては薄くなってるかもしれない。

本当に多くの人がとってもいい人で
空気を読んで「感じの悪い」ことを言わない……

みんな、なんて滑らかに会話をこなしているのだろう…
私にはとてもできない… なんかズレたこと言っちゃう、
私ってコミュ障!?
 とか思ったりしている人こそが、
魂がしっかり「ある」ケースが多いかもしれないです。

neko

まさに君みたいなコミュ障って感じ?

い、いや私はコミュ障ってほどでは……コミュ障なのかな……💧

今まで認識していたことの多くが、本当に逆さまなんですよね。
ここ数年、こんなにも世の中が逆さまであったことに
愕然としてたりしています。

びっくり猫

※おめめがまんまるだから、いつも驚いてるみたいって言われるの…

魂の濃い薄いは、言動の激しさとは関係ない?

最近つくづく思っているのが
魂の濃い薄いって、感情的かどうかと関係ないみたいだ、
ということ。

よく怒る人にも魂の濃い人薄い人いるようだし、
よく泣く人にも魂の濃い人薄い人いるようです。

かなり親しくならないとわからないことが多いかもしれません。
かなり親しくなっても、誤解してるケースは多いと思います。

まあ私は小説を書いたりするので…
私の書く登場人物もけっこう濃いことが多く
よく、読者さんに
「こんな人は私の周りにはいない(´;ω;`)イイナア…」
とか言われたりして、

そうか、確かに
私が書くような魂が濃い目の人物は少数派なのかもしれない…
と思ったんですよね。

魂が濃いというのは、
言動が激しい・変わっている(キャラが立ってる方向性)というよりは、
愛や情が濃いという感じです。

魂が濃い人というのは
愛や情が濃い人と言い換えられるかもしれません。

想像以上に、世の中けっこう薄い人が多くなってるかも…
読者さんの反応で知った感じです。
リアルだけでなく小説でも、
(キャラは立っていても)薄いタイプの登場人物ばかり書く作家さんは
多いと思います。

そんな風に、魂薄めの人の割合が大変多い世界なので、
私は絶対削除対象ではない!!
確信を持てる人の方が少ないと思います。

薄い世界

削除されたくなくてもされたり、削除を希望しても削除されなかったり?

地球での人生はなかなか過酷だった。疲れてしまった。
もう消えてしまいたい気分がある。

削除される魂がいるって?
それなら「はいはーい。私は削除希望!」
――――と思ってしまう人もいるかもしれないけど、
それは止めた方がいいということについて。

そこまで簡単に削除されるわけではないようなのです。

かなりの長い期間、まるで成長できないまま
どんどん下がり傾向の魂で、どうにもならなそうな時に
削除される可能性があるだけのようです。

少しでも可能性の芽があれば。
削除はされないと思われます。
多分本人のやる気がとても大事なのだと思います。
今世を生きてる間に、やる気を出すこと。
(死んでから気付くのはちょっと遅いかもしれない)

じゃあ本人自身が削除を希望していれば削除されるのか?
そういうわけにはいかないと思うんですよね。
死んでからはわかりませんが、今世を生きてる今望んでも
願いが叶いにくいのではないか…

今の私たちは過去世の記憶を失くしているわけで
でも自分というのは今世だけの自分ではないので…
結局、死んでみないと自分という人間の全体像が分からない…

死んだ後は自分の魂の歴史を思い出して、
削除されたくないと思う人が多いんだと思います。

でも今の(死ぬ前の)自分が削除を希望してしまうと、
5次元コースに行く可能性は少なくなってしまうと思います。
そして死んだ後、
過去世の歴史などを思いだした「魂としてのあなた」
削除される条件に満たなければ
どうなってしまうんだろう?
(ちょっと複雑でわかりにくいけど、頭整理してみてね)

私が色々スピリチュアル的なことを知った範囲の認識では、
たぶん、繰り返しになるんじゃないかなと思います。
過去の地球に戻って、苦しかった人生をやり直すことになるのでは。

疲れたから削除されたいのに、繰り返しじゃ目も当てられないですよね。

neko

繰り返すって、今やってるこの人生を繰り返すの?

多分ね。もう既に繰り返している人はけっこういると思います。

今までは別の人生に生まれ変わってカルマを清算していく
というシステムだったわけですが、
地球はもう5次元以上の星になってしまうので
未来には3次元修行の場はない。

だから過去に戻って
同じ人生をやり直すしかなくなってしまうわけです。

記憶を無くして今の自分の過去に戻って
新たな世界線を切り拓くチャレンジを繰り返すことになる。
何度でも何度でもやり直すことになるかも。

もしくは、他の3次元の星に転生になるかもしれません。
割と過酷めな星になる確率が高そうです。
(石器時代のようなイメージです)

削除されないけど、5次元には行けないという状況で、
過去地球を繰り返したくないという人は
そういう選択肢しかない……ようです。

別の(過酷な)3次元星に送られて、そこで
5次元にアセンションできる時まで
万年単位で3次元の旅を続ける…
それもなかなかキツそうです。

今の地球ってかなり特殊のようなんです。
諸事情で、科学技術だけはけっこう進んでますよね?
偏った進化みたいですが。

今の自分に合った意識レベルの星に行くことになるので
別の3次元星に行く時は
科学技術的にはかなり後退することになるんだと思います。

アセンションしなかった人は、その人に合った星に生まれ変わる…
ということについて書いた記事はこちら↓

これは「魂を削除されなかったけど
アセンションコースに乗らない・乗れない人
はどうなるか」
という話にも繋がるわけなのです。
過去地球を繰り返すか、別の3次元星か。
最初から「まだ3次元を楽しみたい!」と思ってるならいいけど…

今世で削除されたい!と思って、アセンションを諦めてしまうと
消えたいのに繰り返すみたいな羽目になる率が高い。

更には!ちょっと書くのもキツイ話なんだけど、
3次元よりもっと低いレベルの意識状態になっている人も多いみたい。
その場合は小動物や植物などになる可能性も高いのかな…

neko

小動物……ってそれは僕か!?

そうねえ。家で飼われている猫というのも特殊な存在なので
野生の猫ちゃんに生まれ変わったりするのかなあ…

人間を飼ってるのは猫の僕たちだとか言われそうですけど
やっぱり、猫よりは人間の方が次元が高いみたいですよ?

neko

…………。

あ、黙っちゃった。
(いや、実は猫の方が次元高いのかもしれない
と思う時も多いんですけどね)

長期発想でいこう。そしていつかは上に向かいたい(と私は思います)

色々と未知数なのですが
待ったなしでどんどん地球の状況も変わっていきますしね。

私たちは自分の未来を
それぞれにつかみ取らないといけないわけです。

つまりですね、
もう人生に疲れちゃった、魂の削除を希望しますー
とか思うような人というのは、
少なくとも魂の存在を一応は信じていることになりますよね。
そういう人は、削除対象になりたくてもなれないのではないか。
と私は思います。

そして、たとえ削除が決まっても、
死んで魂の歴史すべてを思いだしてから削除されるんだそうです。
(思いだしてから削除を希望する人は少ないらしく、
やはり削除されたくなくて悲しむみたいです…)

やはり削除対象者というのは
魂なんて発想自体ができなくなってるような人だと思います。
「今の自分の肉体がすべて!」になっていて
カルマも来世もあるわけない、
どうせ人生一度きりだから好き勝手に生きる、
という発想になってしまっているんじゃないかな。

そして、今世の自分は削除されたいとしても
過去世の自分・別次元の自分
削除を希望しているケースは少ない、
ということだと思います。

類魂について書いた記事はこちら↓

今世の自我だけが泡のように消えるケースは
あるのかもしれない、と私は思っていますが…

魂のシステムもかなり複雑で、
今の私たちが全体像を把握するのは困難です。

今の私たちの3次元発想で
「もう疲れたから消えたい」と願っても
うまく叶ってくれない可能性が高い、という話が
なんとなく伝わりましたでしょうか?

消えたいと思ってしまうような今の人生を
何度も何度も繰り返してしまう可能性もあるってことです。

ジャーマネK

つまり頑張って生きるしかないとゆーか
なんとか私はアセンションしたいなって思いますー

そうですね。色々知れば知るほど、
できることなら5次元行きたいなと思います。

たとえ今世でアセンションコースに乗れなくても
今世の経験は蓄積されますので。
「アセンションしたい!と強く願うに至った自分」を
しっかり経験して、蓄積して、
来世以降にぜひ3次元を卒業したいな!
という感じで長期発想できるといいんじゃないかな。

いつかは次元上昇することを目指して
頑張って生きるしかない。楽なコースはないと感じます。

neko

なかなか大変な状況だね
宇宙って厳しいものなのかもしれないな

そうですね。厳しいなあって思います。
とことん自由なんだけど、自由とはとても厳しい。

なんとか自由過ぎる宇宙の中で
自分の在りたい自分、行きたい未来を掴みたいですよね!

私も頑張りたいと思います。

読み返してみて、今回は「さりげに大変難しい」内容なので
よくわかんなかった人も多いかもしれませんが、
わかった!と感じた人には多分とても有益な内容だったんじゃないかな、
と思います。ワケわからんと感じた人には申し訳なかったです。

読んでくれてありがとうございました。

東京の空
薄い世界

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次