2023年冬至はいつ? 12月22日!冬至のスピリチュアル的意味とは。かぼちゃ以外にも食べるといい「七種」とは? いよいよ2024年、変わりゆく世界へ!

もう2023年もラスト1か月ですね…

neko

感慨深いね。だいぶ色々なことが変化しているけど、
とにかくゆっくりだと思う

ゆっくりですよね~
今年の初めに立てた予測の3分の1くらいしか動いていないような。

でも逆に言えば、3分の1は着実に動いているので…
(それも、秋くらいから急速に)
面白くなってきたなあ(疲れたけど)って感じかな?

ジャーマネK

12月と言えばクリスマスですよね~
アドベントカレンダー買っちゃいました?

ええ、つい買ってしまいました。カルディアマゾンで…
今年は調子に乗って何種類も買ってしまい… いやそうではなく!
クリスマスより前に冬至ですよKさん!

neko

冬至って、スピリチュアルの人は重視する日みたいだけど
一体どうしてなのかな?

冬になっていくと、一日の日照時間が日に日に少なくなってゆくでしょう?
気温も下がってゆき、陰のエネルギーが日に日に強まってゆく。
冬至は北半球で最も日照時間が短い日。

2023年の冬至12月22日だけど、
その日が陰のエネルギーのピークなんです。

neko

陰のエネルギーがピーク。……それはちょっと
ネガティブな感じがするような…

そうですねえ。ネガティブなエネルギーのピークとも言えるかも。
でも、陰は悪いものではなく、
内側に向かって行くエネルギーなのです。

深く内省していける時期と言えます。
冬至に向かって、私たちはどんどん自分の内側に潜ってゆく。

潜るカメ
neko

深海に潜るカメさんみたいに?

そうです! 太陽を背に、深く深く潜って自分に向き合う。
そして冬至という自らの深淵に辿り着いた時に…

私たちはふと見上げ、気付くのです。
そこには太陽。陽のエネルギーが降り注いでくれていたのだと。

ジャーマネK

そうか、冬至を境に日照時間が長くなる。
明るい春に向かって歩き出すってことですね!?

そうです!新しい春です!
22日が冬至。クリスマス~大晦日と少し曖昧な時を揺蕩(たゆた)い…
1月1日、迎春で新春で初春であけましておめでとうなのです!!

ジャーマネK

お雑煮や栗の甘露煮ですね!?
卵焼きや海老とレンコンですね!?

おせちの中でKさんが好きなものがわかった気がします~
とりあえずお正月まで走り抜けてしまわず、冬至に戻ってきてください…

neko

これから冬至に向かう日々は、自分の内側に向き合う。
冬至を過ぎれば、気持ちを新たに、外側に向かって
行動開始!ってことかな?

そうです! 冬至を前にしたこの時期、そして冬至当日。
私たちはどう過ごしたらいいのかなど、
冬至についてまとめてみました。よかったら読んでみてね!

目次

12月に突入。冬至までの日々をどう過ごす?

ここ数年、スピリチュアルを意識するようになってきて…
冬至というのは本当に「パッと切替えがある日」という印象が強いです。

とことん内側に向かっていた世界が、
急にポンとはじけて花が咲いたみたいな感じですね。

冬至を過ぎ、新春に花を咲かすためには、
それまでにうんと内側に向かって内省を深めておく必要があるのでしょう。

12月に入り、冬至の日までにどんなことをしたらいいのでしょう。

ジャーマネK

冬至といえば、かぼちゃを食べて、
柚子湯に入るのかなと思っていました~

そうですね。冬至当日に限らず、
冬至に向かう時期には積極的にかぼちゃを食べるといいそうです。
かぼちゃが有名ですが、
この時期に良い食材は、かぼちゃだけではないんですって。

【冬至の七種(ななくさ)】
冬至近辺に食べると縁起のよい食材で、「ん」が2つ付くもの

かぼちゃ(なんきん)
れんこん
ぎんなん
かんてん
うどん(うんどん)
にんじん
きんかん

【冬至前や冬至にするとよいこと】
・柚子湯に入る(柚子を何個か入れた湯船に浸かる)

柚子は邪気を払うと言われています
また、柚子の木は病気に強く、寿命が長い。縁起のいい植物です。
柚子の成分であるビタミンCの抗酸化作用、柚子の香りによるリラックス効果などもあります。

・太陽光を浴びる

この時期、日照時間が少なく気温は低いからこそ
たっぷりと太陽光を浴びてエネルギーをチャージしましょう。

冬至までの期間、
なるべく縁起がよくて栄養のある七種を摂るようにして、
冬至当日は柚子湯に浸かって、
太陽光をたっぷり浴びて、
これで身体面のケアはバッチリ!

ジャーマネK

さすがレンコンは最強の野菜ですね!
焼いても揚げてもすりおろしてもおいしい、万能野菜。
人類はレンコンだけあれば生きていけるように
いずれ進化するかもしれません。

そう、レンコンってすりおろしてもいいんですよね。
片栗粉や卵を混ぜて揚げちゃってもモチモチしておいしいですよね。

さすがにレンコンだけでは生きていけないかもしれませんけど
…………いや、生きていけるようになるかもしれませんね(曖昧な微笑)

レンコンは地球を救う(かも)

レンコンを焼いたもの

スピリチュアル的にも冬至に向けて内観に励む?

次に身体面ではなく、もっとスピリチュアル的に
「冬至に向かう日々をどうしたらいいか」を考えると…

neko

とにかく自分の内側に向き合って、
内観して内省するんでしょう?

まあそうなんだけどね。
でもやっぱり、ひたすら内省していると
暗くなって、ネガティブな考えに囚われてしまうかもしれないわけで…
だからって内省を放棄していきなり行動するのもよくないけど…

ジャーマネK

まさにそれはわたし…
どっぷり落ち込むか
「落ち込んでもしょうがない!と放棄して暴走」か
どっちかになってしまいやすいのです~💧

そういう場合はやはり、トンネルのイメージでしょうかね…

neko

トンネルのイメージ?

今ここは暗いけど、頑張って歩いてる。
そしてトンネルの先には、出口の光が……!!

みたいなイメージを持つ、というか。
内省はするけど、遠く光のイメージを持って、
いずれ抜け出す、出口は見えてる!
と思いつつ、自分に向き合うといいと思います。

トンネル

【冬至前~冬至当日の心構え】
・自分に向き合い、内観・内省する。
・それを活かし、新年の計画を立てる

自分の内側に向き合うことで、自分が本当は何をしたいのか、
何を求めているかに徐々に気付くはず……そこで
すかさず新年にどうするかを決めてしまうといいです。

陰から陽へ。エネルギーが変わり、世界が変わる日。

neko

つまり、冬至は陰のエネルギーが最大になる日だけど
それは「陰から陽にエネルギーが切り替わる日」とも言える
ってことかな

そうですね。冬至にすべてが反転し、世の中がガラッと変わる。

ここ数年、地球の次元上昇も相まって
霊的に覚醒しているとは言えない私でさえ、
空気感が変わったのを感じる日でした。

みなさん、それぞれに感じ方受け止め方が違うと思いますが
多くの人が世界線が変わったと感じたりしているようです。
マンデラエフェクトとして感じる人もいるし…

周囲の人との関係性に明らかな変化があったり、

Xでのフォロー・リフォローの状況が
あれえ?と思うくらい変わってしまったり
(この人記憶にない、という人をフォローしていたり
よく交流していた人と疎遠になってしまったり)

千差万別ですが、
「なんだか違う、今までと違う世界に移った」
と感じる人が多いようです。

水の味が変わったとか、空気の匂いが変わったとか、
不思議な変化を体感する人もいます。

冬至までの日々を、一生懸命自分の内側に向き合っていれば
冬至で切り替わる。必ず成長して別の世界に進む。

ですので、変化はいいことです。
地球が激変している今、冬至という切り替え時期に
変化を感じることができた方がいい。
変化こそ、アセンションについていける方向性です。

ジャーマネK

変化できなかったらどうしよう~!
アセンションできなかったらどうしよう~!
って不安になってしまうんですよね

かなりハッキリ変化が出るはずなので、
冬至翌日すぐ~年内くらいには
変化したいと思っている人は、必ず変化を感じると思います。

問題は、変化を自分に許すことですね。ぜひ、
「気のせいかもしれない、自意識過剰かもしれない」
という気持ちに打ち克ってください。

直感力が上がりやすい
「自分に許す」アプローチについて書いた記事はこちら↓

変化は必ずある。なかなか感じ取れないとしても
きっと変化している、気のせいじゃないはず、と
自分を縛らずに、変化していることを認めれば、
徐々に変化が見えてくると思います。

こんなの気のせい、あり得ない、
「空気が変わった…!」なんて言うのは恥ずかしい、
――――みたいな縛りを外すことで、変化がターボをかけて顕現し始めます。

あなたも私もみんな、霊的能力なんてふつーに持ってたんですよね。
現実は1つではなかった。世界は簡単に変わってしまうものだった。
カチコチに固定された現実という思い込みの方が間違っていた。

マンデラエフェクトについて書いた記事はこちら↓

世界線について書いた記事はこちら。2や3もあります↓

neko

僕も、君のブログ記事に付き合って読んでいくうちに
一秒ごとに世界線が変わるという感覚にも馴染んできたよ

nekoの成長も著しい…

私もブログを書きながら、
「いつの間にやら、なんて不思議な世界に迷い込んだことか」
と感じる日々ですが、

もともと世界は不思議だったんですよね。
どうも思い込みに縛られてしまっていたみたい。

冬至は新たな世界を開く扉となりやすい日です。
みなさまもぜひ、この面白過ぎる地球を楽しんでいこうじゃありませんか!

読んでくれてありがとうございました。

フラクタル 地球

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次