人は死んでも変わらない。死んだことに気付けないくらい。それどういうこと? 宇宙の仕組みとゆめみるねこブログの意味【人は死んだらどうなる?2】

人は死んだらどうなるのか。

誰でも起こる身近な話なのに、
死後の世界に確信を持ってる人はまだ少ないですね。

neko

霊的覚醒をしている人は、
ちゃんとわかっていて
確信を持っているんじゃないの?

でもねえ、霊的覚醒をしている人は
本当に体験はしているだろうけど
本当に自分の繋がり先が「良い存在に属している」かどうかの
絶対の確信は、最後の最後まで持てないみたいですよ。

世の中、悪霊・エンティティも沢山いるので。
強い人には強いエンティティがやってくる。

強いエンティティが「僕は悪霊だっ!」と
言いながらやってくるわけがない。
大抵は天使様のような美しくキラキラした感じで来るらしい。

悪霊・エンティティってどんなの?憑依されないためにどうする?
ということを書いた記事はこのあたり↓

neko

霊的に凄い人のところには
霊的に凄い(そして悪い)存在が
キラキラした姿で来るのか。それは怖いね

絶対の確信は持てなくても
沢山の経験を積んで、「ほぼ確信」を持てている人は多いと思います。
まあただ、大掛かりな騙しに遭ってる人も、
結構いるんだと思います。

よって、死後の世界がこうだー!というのも
色々な説があり、多様な解釈もあり、偽物も混じってて
なかなかわかりにくいなと思っていたんですよね~

もうすっかり確信している方は、きっとその通りなんだと思いますが
死んだらどうなるのか、
それも「死んですぐに何が起こるか」
気になる方も多いのではないかと。

結局のところは、死んでみないと絶対とは言えないのですが…

こういうことか。これでつじつまが合うな
私はかなり腑に落ちてる気がするので、
きっと役に立つ人もいると思い説明してみます。
よかったら読んでね!

天国?
目次

人は魂の存在で、死ぬと本来の世界に「戻る」。でも戻るまでの過程は…

人は死んだらどうなるんだろう。
という記事は以前に書きました↓

neko

人は死んだらどうなる?に対して
「死なない」って書いてるふざけた記事だよね

ふざけてないですよ!!
人は死んだら終わりダーーーー!!というのが
私たちを縛ってきた洗脳なわけですから。

死の概念自体を変えてしまわないと
どうもこのマトリックスから抜け出せない、というのが
あるわけなんです。

真剣に言ってるのです。人は死なないのです。
人は肉体ではなく、魂の存在なのです。

でも具体的に人は(肉体が)死んだらどうなるのか?
とりあえず三途の川渡るの? みたいなことが
気になる人も多いと思うんですよね。

ジャーマネK

死んだらやっぱり、三途の川を渡るんでしょうか~
気になります~

私のスピリチュアル的な認識をシェアすると
死んだら三途の川を渡るのではないか、というイメージを
生前持っている人は、渡るみたいですよ。

日本人の多くが、臨死体験で三途の川を渡る&渡りかける経験をするのは
同じイメージを持っているからと言えるでしょう。

neko

でもさ、死後の世界なんてあるわけない!と
日頃から断言していた人が、臨死体験で
三途の川を渡りかけたって話を聞いたことがあるよ
そういう人は「実は死後の世界を信じてた」ってこと?

えーとですね、信じていようが信じていまいが
死後の世界はあるわけです。
(全く信じられない!って人は、おかしなこと言ってると思って
バックしてくださっていいです)

死後の世界を全く信じていなかった。
そういう人でも、死んだら死後の世界に直面します。
直面した時に、今までの常識や見聞の中から
イメージを選んだんじゃないかな。

勿論、その人の顕在意識では信じてなかったけど
潜在意識では信じていたということもあると思いますけど。

別に、何でもいいみたいです。でも「川を渡る」文化圏
世界中にけっこうあると聞きます。
お花畑を歩いてゆくとか、川ではなく柵を乗り越えるとか、
トンネルを通ってゆくとか、世界中に色々なイメージがあるようですね。

この世とあの世の境目を越えてゆくイメージなので
日本人でもトンネルだったり砂漠だったり
その人の中での強いイメージをいつの間にか選択するようです。
でも三途の川については、私も日本人として繰り返し聞いてきたので
私も死んだら三途の川を渡る気がします…

つまり、死後の世界なんかあり得ない!と思っていた人は、
信じてはいなくても、生前聞いたことがあるイメージから
三途の川を引っ張り出してきたということですね。
日本人の集合意識もあると思います。

トンネルでも階段でも、ふわっと空を飛んで雲の上に行くでも
人それぞれのイメージで、自由です。

でも、三途の川があるかどうかとか、そういうことは割と
どうでもいいことですよね。皆さんも読みながら
「どうでもいいよ、川でもトンネルでもお花畑でも」
と思うだろうと思うのです。
みなさんも、川ならキツイけどお花畑なら楽勝とか、
そういう問題ではなさそうだと理解できますよね?

楽勝の川もあれば大変過ぎるお花畑もありそうです。
どのイメージを持つかはあまり問題ではないのです。

もっと大事なことがあると思います。

neko

川を渡った先?

川を渡った先、渡った後の話も大事ですが…
でもそれは「人は死んだらどうなる?1」の方で
一応書いたので…

川を渡ることに取り組めるかどうか。
そして川の向こう、お花畑の向こう、境目を超えた世界に
辿り着けるかどうかが、まず大きな問題だと思います。

恐山

死んだことに気付かない? なぜ? 気付きにくさに気付きにくい、その仕組み。

ジャーマネK

天界に辿り着けない人もいるって
けっこう聞いたことがある気がします~~~

そうですね、天界に辿り着くのって
けっこう難しいみたいなんです。

ジャーマネK

道に迷っちゃうんですか?

いや、道に迷う以前の問題みたいなのです。
死んだことに気付かないらしいです。

neko

さすがに気付くんじゃないの?
いくら何でも

いや、ほんと~~~~に気付きにくいらしいのですよ。
その気付きにくさが、私たち生きてる人間にはわかりづらいようです。
そのわかりづらさが、私には説明できるのではないかと思って
今これを書いてるんですが…

まず、死の直前には痛み苦しみを感じない、
という話をよく聞きませんか。
それは有難いことだと思うんですけど、
痛み苦しみを感じない上に、痛み苦しみの記憶もなくなり
死んだ事実自体、把握しにくくなるみたいです。

それでも闘病生活があった人はわかると思うんだけど
突然だった人は、本当にわかりにくいみたい。

neko

でも、身体がなくて霊になっているとか
そういうことでわかりそうなもんじゃない?

それがですね、
本当に、生きてる時の感覚のままらしいのです。

「人は死んだらどうなる?1」にも書きましたが
人は死んだら霊魂の世界に戻る。本来の世界はそっちで
地球人をやってる今がアバターのようなものです。

夢をみる時をイメージするとわかりやすいです。
あなたは夢をみてる時、それが夢だと気付けますか?
明晰夢(夢であることを自覚できている夢)もありますけど
わざわざ明晰夢と分類するくらい、
大抵の人は夢が夢であることに気付けないんです。

私たちは死ぬと霊魂の世界に戻り、夢の中の自分のようになります。
普通に歩いたり食べたり、生きている感覚であるはずです。
夢であることに気付くのは、通常目覚めた時です。

長い長い夢も、目覚めるまで
夢であることに気付かない(ことが多い)ですよね?


夢の中では不思議なことが起こりがちです。
でもなんとなく納得してしまっていませんか?
まさにそんな感じのようです。
霊魂の世界は夢の世界と繋がっています。

不慮の事故で亡くなった人などは、
事故の瞬間を忘れている&夢の中の感覚で
かなり亡くなったことに気付きにくいようです。

neko

でも、生きている世界の人たちが見えるんでしょ?
自分のお葬式を見たりして気付けるんじゃないかな

私は霊が見えるわけではなく、浄霊の専門家でもないので
想像しかできなくて申し訳ないんですが、
お葬式を見に行かなければ、お葬式があったことにすら
気付けないのかもしれません。

死んでしまった場所で「えーと…何が起こってるんだろう」と思いながら
困り続けてしまうことも多いと聞きます。

「死ぬ瞬間の痛み苦しみは記憶していない」
「夢の中にいると、夢であることに気付けない」
「夢の中特有の曖昧さで、不自然な事象も気付けない」


――――という説明だけでも、かなり
「そうだったのか!」
と腑に落ちる人が多いのではないかと思ったんです。

私自身、スピリチュアルに多少詳しくなるまで
想像できませんでした。

死後の世界・霊魂の世界こそが私たちの本当の世界だけど
それは永遠のように長く、夢の続きのような世界。
醒めない夢のように続いてゆく世界なのです。

「ああ、だから死んでも気付かないなんてことが、あり得るんだ」
と私も色々知ってやっと理解できた感じです。

眠っている猫

夢をみている時こそ目覚めている。ゆめみるねこってそういう意味だったの?

夢の中の自分って、充分リアルですよね。
夢の中だなんて気づけないくらいに。
だって夢の中こそが私たちの本来の世界に続いているのだから
ある意味当たり前なんですよね。

目覚めるまで(地球ゲームにログインするまで)
夢をみる=本来の自分に戻ってるようなものなんです。

夢だと思っていた世界こそが本来の世界だった―――
むしろ、私たちは夢をみている時こそ目覚めているのです。

このブログタイトルは「ゆめみるねこのブログ」ですが
ゆめみるねこは、目覚めたねこという意味になります。
これは目覚めたねこのブログなんです😊

死は「永遠の眠り」と言われたりしますが、嘘だった。
死こそが目覚めだった。
眠っている時の夢こそが本来の自分に繋がっていた。

でも目覚めても(死んでも)、目覚めたことに気付けない。

天界に辿り着ければきっと魂の記憶を取り戻すでしょうけど
死んだ直後は、あまりにも今までの続きのままなので
単純に「死んでない」と思ってしまい、
天に帰れずに彷徨ってしまうのも無理はないんですよね。

ジャーマネK

そんなの、そんなの気の毒だしツライです!!
天に帰れないなんて……😢
なんとかならないんですか!?

たぶん、単純に「死んだことに気付けない」だけなら
なんとかなる魂がほとんどなんだと思います。
(全員絶対必ず、というわけにはいかないかもだけど…)

(追記・霊界ガイドさんみたいな人が来てくれて
連れて行ってくれる説があります。
ただ、夢の中みたいな感覚ですので、ガイドさんのことも
信じられなかったり、拒否してしまったりするのが問題、
ということになりますね。現実に知らない人が話しかけてきても
「怪しい!」と思って話を聞かずに逃げるような感じだと思う。
そして宇宙は自由意志が全てだから、ガイドさんも
拒否する人を無理につかまえてはくれないです。
この記事は「死んだら無になるに決まってる!」という思い込みが
非常に強い人は結構大変だ、
という主旨なので
このブログ記事を引き寄せて読んでくれているような方ご自身は
基本安心していいと思います)

残された家族の思いや祈りが通じたり
お葬式の後も、法要やお墓参りなど、死者を弔う行事は
行われるわけでして、
そんな中で「どうも死んだみたい」と気付いて
天界に向かっていける魂が大半だと思います。
(直接の実例を知っているわけではないので
ちょっと具体性に欠けてごめんなさい)

彷徨う魂を救うことをお仕事にしてくださっている
天界の方々もいらっしゃるらしいですし。
力のある霊能力者の方々も、地上で困っている魂を見つけては
天に帰すお仕事をしてくださっているようですし…

でもね、問題はありまして…
説得しにくい魂があるようなんです。

それが「自〇してしまった魂」のようです。

neko

う、う~~~~ん…そうなの?

死にたいと願う人ほど、死んだことに気付きにくい。難しい仕組みを知る。

自〇してしまった魂は、
どうして死んでしまったか、というと。

死んだら人生を終わりにできる、
死んだら消えてしまうことができる
、と
信じていたからだと言えると思います。

死後の世界を信じていなかった。
消えると思っていた。

なのに、死んでも「体感的には今までのままの状態が続く」んです。
自〇した人からすると
「死んでない!(死んだら消えるはず)」
と思ってしまいますよね。

その後天界に戻ったりすれば、人生を振り返って
生まれ変わったりのサイクルに入れるわけですが
(今世は特殊な人生ですけど、それは置いておいて)
天界に戻ろうなんて思えない。
「死んでない!」「死ななければ!」と思ってしまうわけです。

自〇してしまった人からすると
死んだ筈なのに終わってない、消えてないので
パニックを起こしてしまうみたいなんです。
そして「死ねなかった、死ぬのを失敗した」と思ってしまい
何度も繰り返し自〇しようと試みてしまうみたいです。

「自〇した人は、霊になってからも繰り返し死のうとする」
と聞いた時に
私は最初、意味がよくわからなかったんですよね。

でも、「死んでも、びっくりするくらい生きてる時のまま」
ということが、スピリチュアルを学んでわかったんです。
本当に生きてきた人生と何も変わってない続きみたいに感じるそうです。
それを知って、ようやく腑に落ちた。

本来、霊魂の世界こそが本当の世界なんです。
むしろ長い地球生活の夢から覚めたくらいの気分かもしれません。
私たちが眠って見る夢が現実と区別がつかないのは、
曖昧さやおかしな点もありつつ、やはりリアルだからです。

死ぬと「眠って見る夢のような、不思議でありつつリアルな世界」
に突入します。
そしてその夢は醒めないのです。

それで、自〇した人の心理状態がわかったんです。
死んだはずなのに死ねていない、どうして!?
そして繰り返してしまう。終わりにしたくて自〇したのに
今までの自分が続いている。どうして!?

けっこう盲点というか、どうして繰り返し死のうとするのか
わかりにくいですよね。

「悪いこと」をしたから「罰を受ける」わけではない。
あくまでも自分自身が、死ねなかった、死ななくてはいけないと
パニックを起こして(死んだのに)死のうとしてしまうだけなんです。

そうだったのか……と腑に落ちてしまうと
これは本当に悲しいことだなと思いました。
なんとか「死んだ後もあなた自身が続く」ことを
生きている間に伝えた方がいいと思うし…
(これを知れば、死ぬ気が失せるかも)

死んでしまって彷徨っている魂がいるなら
なんとか天界に上がれるように
援助できる方法はないものか、と思いますね。

私たちが「人生一度きり、死んだら終わり」と
思い込んでしまったのは、深い洗脳があったからです。

魂のブループリント(設定・予定表)で
自〇を決めてきている人はいないそうだけど
でもこの大変な地球、特に大変な息苦しさを抱えた日本では、
恐ろしい数の自〇による死者がいます。

「死んだ後も消えないんだ。自分のままなんだ。そうだったのかー」と
納得して、死なないことを模索してくれるといいなと思います。
最初はガッカリしても、気を取り直したり
できるかもしれない。

そして死んでしまい迷っている魂も、強い霊能者の援助で
天界に帰れたりもするようなので…

地球の波動上昇に後押しされ、皆が霊的に強くなって
皆で彷徨う魂を助けられるようになりたいですよね。
いずれは気付いて、いずれは天界に帰れるように。


地球アセンションも大詰め。
大変な地球状況は続くけれど
自〇を望む人には
「死んでも消えない、今の自分のまま続く」
できる限り伝えた方がいいと思います。

もう「信じるか信じないかあなた次第~」とは
ちょっと言えないくらい霊的覚醒者が増え、
死後の世界がかなり確かなものとして
判明してきていると思う。

既に自〇で失った大事な人がいる人は
迷っている魂が見えて導けるような
力のある専門家を探してお願いするのもアリかもしれません。
(力のある人は少ないし、見分けがつきにくいから
簡単じゃないことはわかるんですけどね…)

neko

死んでも魂は消えていなくて
「どこかにいるんだ」「見える人には見えるんだ」
……ってことが、なんとなくわかったよ

そうなんです、どこかに必ずいる。
天に帰れば天にいるし、
帰れてなければまだ見えなくても地上にいる。


思い残しがあって、しばらく近くにいてくれることもあるけど
いずれ天に帰った方がいい。天に帰ればいずれ再会できるはずです。

色々な地球のネタバレを知ると、ガックリ来たりもするのだけど
生きるのが楽になっていくと思います。

共にこの激動期を乗り切りたいですね。
私も頑張ります。

読んでくれてありがとうございました。

天使の梯子
眠っている猫

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次