「ジャッジしてはいけない」ってジャッジじゃないの? しないのは難しいジャッジとスピ的にうまく付き合って生きたい。きっとあなたもラクになる!

六花亭「大平原」っておいしいですよね。
バターたっぷり。原材料名の最初に書かれてるのがバター。すごい。
添加物もほぼ入らず、食べて納得の幸せなマドレーヌなのです。

大平原
大平原原材料
neko

いきなりお菓子の紹介から始まっても…
今日はジャッジがテーマなんじゃないの!?

そう、ジャッジがテーマなんです。
でも私はジャッジをしてしまった……

六花亭のマドレーヌを褒め称えるということは、
世にある他のマドレーヌを下げてしまってる…

neko

いや、別に下げてはいないんじゃないの?
単に大平原を褒めただけでしょ

でもバターを使ってないマドレーヌを下げてる…
バター含有量が少ないマドレーヌを下げてる…
添加物の多いマドレーヌを下げてる…

ああダメだ、私はジャッジをしてしまう人間。
日々ジャッジをしまくるジャッジの鬼。ジャッジ人間だ…
こう言いながら自分のこともジャッジ人間としてジャッジしている…

スピリチュアルでも心理学でも、
ジャッジはよくないよくない、ジャッジをやめろやめろ
と言われてるのに…💧

neko

落ち込んでもしょうがないでしょう
僕だって好きなメーカーの猫缶はあるし

そうよね。いちいち落ち込んでもしょうがない😊
(立ち直り早いな)
どうしても人間、ジャッジはしてしまうよね…

「どんなマドレーヌもそれぞれおいしいしステキだけど
私はたまたま、なんとなーく大平原を買いました」


とか言ってると、嘘か誤魔化しになると思うし。
(勿論、言い方に思いやりや配慮が必要だとは思いますが)

neko

いきなりどうしたんだって感じだけど
「ジャッジはよくない」という風潮に対する
アンチテーゼ(反対の意見)?

いや、ジャッジはやはりよくない、というか
なるべくやめた方が幸せになると思います。

でも、ジャッジはどうしてもしてしまうものだし
「こういうジャッジはよいジャッジ、ああいうジャッジは悪いジャッジ」
なんて言ってたらますますジャッジだし!
いい悪いに境目もないと思います。

「ジャッジをやめよう、手放そう」と言われるけど
結局のところどーすりゃいいわけ!?と思ってる人は
多いかと思います。

そのあたりについて私なりに考察してみました。
読んだら気楽になるかもしれないので
よかったら読んでね。

大平原

※毎日でも食べたい至福の味💓

目次

ジャッジとは何だろう。手放すべきもの? でもジャッジしないのは難しい…

さて、スピリチュアル界隈でよく言われる
「ジャッジ」
とは一体何でしょう。

辞書的な意味としては
「判定や判決を下すこと」くらいに考えていいと思います。

正誤善悪を判定するような意味の言葉ですね。
競技における審判員による審判や、
裁判における裁判官の判決を意味する言葉でもあるので、
(審判員や裁判官のことを「ジャッジ」と呼ぶこともある)
上から裁くイメージがあると思います。

でもスピリチュアルでは
「ジャッジは手放すべきもの」
と言われるんですよね。

ジャッジを手放すべきだとか、ジャッジはよくないとか、
そういう判断もジャッジですから、
言葉が矛盾を孕んでいると思いますが…

でもやっぱり、何事も
正誤や善悪を決める・決めつけることは
自分にとってあまりよくないんですよね。

つまり、100%ジャッジをやめる・手放すのは無理でも
なるべくやめていく方がいいんだろう、とは思います。

neko

「ジャッジをやめろ!ジャッジはよくない!」と
やたらにジャッジする人はよくない
(あ、ジャッジしちゃった)けど
「ジャッジはやめていった方がいいよ~」と言ってくれるのは
親切ってことだね

そんな感じです。

ジャッジを完全に無くすのは無理があるけど
確かになるべくやめていった方がいい。
私の考えはそのあたりです。

ジャッジ

どうしてジャッジがよくないの? それは引き寄せてしまうから。そうだった!

ジャーマネK

どうしてジャッジがよくないんでしょう~~~
私、どうしてもジャッジしがちだと思うんです…
私ってこういうとこダメだなあと思うのってジャッジですよね?

そうですね。自分に対するジャッジって
気軽にやりまくってしまう人が多いです。

反省してるつもりで、ジャッジになってしまうようです。

あら計算ミスしちゃった→ジャッジではない
計算ミスした。私ってミスしやすい→ジャッジ

ジャーマネK

じゃあ、計算ミスしても
「あらミスしちゃった」と思ってるだけで
直さなくていいんですか!?

そこらへんが難しいんですよね。
「その」ミスは訂正した方がいいし、
同じミスをしないように工夫した方がいいですよね。
(検算を習慣にするとか)

でもやっぱり、「ミスしちゃった~さっさと直そう☆」と
なるべく明るく捉えた方がいいですね。

「私ってミスしやすい」などとジャッジしちゃうと
「ミスが多い私である」という状態をどんどん引き寄せますから~
悪いアファメーションしてるみたいなものですね~

ジャーマネK

アファメーションに繋がるんだ…
そうか、スピリチュアル的にジャッジがダメな理由が
今、腑に落ちました……!!

アファメーションについての記事はこちら。
2は悪いアファメーションを解消するのに
参考になると思います ↓

あとはやっぱり、自分をジャッジする人は
絶対他人のこともジャッジしちゃうんですよね~
「私ってミスが多い」→ジャッジ
「あの人もミスが多い人ね」→ジャッジ

逆も言えます。他人をジャッジする人は
実は自分のことも日々ジャッジしてしまっているんです。
「あの人ミスが多い」→ジャッジ
「あの人みたいにミスが多くなってはいけない」→自分のこともジャッジ

他人をジャッジしたくないなら、
自分をジャッジするのもやめないといけないんです。
「あ、ミスした~。直そうっと」→ジャッジしない
「あの人ミスしたんだね~。直したんだね~」→ジャッジしない

ジャーマネK

ああ、つい自分のことを
「またミスした、バカバカバカ」とか思ってしまうけど
それってまずいんですね。
人がミスしても気にしない……つもりでやはり気にしてたのかも

そうなんです。本当に人のミスに寛容になりたいなら
自分のミスにも寛容にならないと無理なんです。

「人のミスには寛容になろう!」といくら思っても
潜在意識では自分を責めるように他者も責めてしまってると思います。
責めてるつもりはなく、責めたくないとしても。

ジャーマネK

そ、それは恐ろしい…!!

だんだんスピリチュアル的にアセンションに近づくと
自分のこともだんだん客観視できるようになり…

あらミスしたのね、あら直したのね。
よかたよかた。
みたいにのんびりした感覚になると思います。
その方が幸せなので、そうなっていった方がいいと思う。
(この大変な社会で、難しいことなのはわかるんですけどね)

ジャッジはなくしていった方がいい=ジャッジ、ですけどね。
ジャッジはキリがないですね~
だからジャッジってある程度は仕方ないと思っていい。
迷路にはまってしまいますから。

ジャッジしながら、なるべくジャッジを減らしながら生きていく。

neko

でも、どうしてもジャッジになってしまうことはあるよね
冒頭のお菓子みたいにさ。
好きなものを褒めるだけでジャッジになってしまう

そうですね。褒めるのは特に難しいです。
褒める方向のジャッジならしてもいいわけでもないんですよね~

褒める時も、
バター含有量の少ないマドレーヌをジャッジしてしまってるんだな
などと意識はしていた方がいいです。

私は人工甘味料やタール色素カラメル色素をできる限り避けていますが、
「それはジャッジだ!ジャッジはよくない!!」
と言って、添加物をどんどん摂ろうとは思いません。

人は何かをジャッジして(判断して)生きるのは
ある程度どうしようもないです。
それが他者や自分を傷つける時があってもです。

自覚して覚悟するしかないですね~
私は決してジャッジしない!なんて言い切ればそれこそジャッジだし
ジャッジしながら生きていく
と覚悟するしかないですね。

「(心で思うだけにして)ジャッジ発言をしない」
ようにしても、潜在意識でジャッジしていれば
スピリチュアル的には言ったのと同じですので。
潜在意識で思ったことが引き寄せになりますから。

ジャーマネK

そうか、言わなきゃいいってものでもないんだ。
むずかし~~~💧

でも、ジャッジをかなり減らすことはできます。

ジャーマネK

どうすればジャッジを減らせるんでしょう…
ジャッジまみれを改善していきたいです…💧

他者のことも自分のことも、なるべく客観視して
温かく見守るといいと思います。

俯瞰できるともっといいです。

ジャーマネK

うっ……もうちょっと
具体的に教えてもらえると助かるんですが…

えーとですね。
例えば誰かのミスで何か損害があって
「あの人、ミスが多くて困るわ」→ジャッジ
とか思ってしまったとしても

加害者と被害者という構造になるべく持って行かず

あの人はどうしてミスしてしまったのかな~
今月忙しすぎて疲れているのかも~
(などなど、その人の諸事情の可能性を思い浮かべる)

私だって〇〇だったらミスくらいするよね~
(などなど、自分の諸事情の可能性を思い浮かべる)

できる限り、視点を広く高く持っていくと
ジャッジできなくなっていくんですよね。
視点を広く高く持つ≒次元上昇の方向です。

次元上昇すればジャッジは激減していくってことです。

「ジャッジを手放した方がいいよ」ってつまり
なるべく周波数・次元を上げていった方が
あなたのためにいいよ

ということだったりするわけです。

それぞれの人に、様々な諸事情があるので
なるべくまず、自分に優しくするのがいいと思います。

3次元世界は「自分に厳しく、人に優しい」人は
いい人イメージがあったと思うんです。
でも潜在意識がどんどん具現化する世界であるわけです!

自分に厳しいなら、世界にも厳しい基準を持ってるってこと。
いくら優しく振る舞っても、潜在意識はコントロールできません。
そして、潜在意識通りの厳しい世界を引き寄せてしまいます。

だからまず自分にこそ優しく考えるといいと思います。
ミスしてしまった自分に優しくすれば、他者のミスにも優しくできる筈。

でも「自分が遅刻しても別に自分は損しないし~」
と思ってたら(自分に優しくても他者に優しくない)
同じように、あなたに優しくない他者を引き寄せると思います。

何もかも自分に返ってくるので
自分をまずジャッジしない、自分にも他者にも優しくする。
すると他者も他者自身とあなたに優しくしてくれるはず。

言葉としてオススメなのは、
「いろいろあるよね~」
をなるべく思い浮かべることかな。
「みんな諸事情ある」
とうんうん頷いてみるのもいいと思います。

どちらも口癖にオススメです!

自分も世界もみんな諸事情あるので
ネガティブなジャッジをしてしまいそうになったら
いろいろあるよね~(みんな諸事情ある、うんうん)
と呟いてみると、少し俯瞰に近づくと思います。

悪いことをした人は可哀相だという視点。何もかもプラマイゼロの宇宙。

neko

どうしても相手が悪いとしか思えない時もあるよね
イジメられた!とか泥棒に遭った!とか
そういう時もジャッジしてはダメなの?

明らかに相手が悪いとしか思えないような時。
そういう時は「一時的に」ジャッジしていいんじゃないでしょうか。

私はよく「一時的に荷物置きにする」という言い方をします。

荷物って、置かないと整理できないことが多いですよね?
ですからとりあえずジャッジする(荷物を置く)
そしてゆっくり整理に取り組む感じですね。

neko

イジメられても「一時的」なジャッジなの?
あいつが悪い僕は悪くない、で決定じゃないの?

一時的に「あいつが悪い!」とジャッジしたとしても
やはりいずれは手放した方がいいと思う。

ここでスピリチュアル全開になるんですけど
そもそも地球の治安が悪すぎたんですよね。

neko

地球の治安が悪いから、イジメっ子のあいつのせいではない?
なんか納得がいかないぞ

地球って、悪意ある宇宙存在に支配されちゃってたので…
恐怖や憎しみを持つよう、操作されてきてるんですよね。
色々聞いたことありませんか?

ほんのわずかな超富裕層が、世界の富の大半を持ってるようだし
エネルギーにしろ農作物にしろ病気にしろ、
かなり悪意で操作されてきちゃってるわけでして…

ジャーマネK

ここ数年、そういう地球ネタバレが大量拡散されて
かなりショックでしたよね~…💧

そう、「まさか、いくら何でも」と思っていた人達も
最近は「どうもマジだったことが沢山あるみたい」と
思いつつある状況ですよね。
(それでおとなしい国民性の日本でさえ、
巨大デモが次々起こるに至ったわけで)

恐怖や怒り、嫉妬や悲しみを味わいやすい地球だった。
今世だけならともかく、数百回~も輪廻転生してきた人が多く
タイヘンな地球で、カルマも溜め込んでしまって
周波数が凄く下がってしまって苦しんでいる人が多い。

可哀相なんですよね。
イジメっ子になってしまった人は可哀相なんだと思います。

恐怖や悲しみに囚われ、周波数がダダ下がってしまった。
nekoのようによゆ~☆で統合してアセンションしそうな猫の
波動の高さを妬んでイジメてしまったのかもしれない。

誰かのせいにしてジャッジするのはよくないとはいえ
悪魔的宇宙存在に支配されて大変だった地球のせい→ジャッジ
…は、ある程度しても仕方ないと思います。

でも、それもまた一時的としていかなきゃなんですが…

一旦地球のせいということにして、深呼吸して、
でも結局カルマの回収は自分でするしかないしね?
イジメっ子もカルマの回収は自分でするしかないしね?
悪魔的存在も、長い目でみると滅びていくのは自明だしね?

どんなに「悪いのはあいつだ!」「いや、悪いのは悪魔的存在だ!」
とか言いたくなっても、最終的には結局それぞれの人生、
それぞれにカルマを回収するしかないので…

カルマについて説明した記事はこちら↓

何もかも、それぞれが責任をとるしかない宇宙を考えると
ジャッジする気も失せてきませんか?

私やあなたがジャッジしてもしなくても、
すべてはプラマイゼロ、すべては調和する宇宙なのです。

neko

そう言われたら、なんだか切ない気分になってきたよ…

ということで、ついジャッジしてしまうのは
どうしようもないことですが…

だんだん視点を上げて、地球人みんなタイヘンだったよね
ジャッジしても無理もないよね
でもジャッジしても自分に返るだけで無駄だよね~
やめとこやめとこ。とかなんとか
思えるようになっていくといいかなと思います!

ということで、ジャッジするのも自由なんですけど
ジャッジすることがめんどくさくなるくらい
次元が上がっちゃうといいんじゃないかなと思います。
地球さんも地球人も今、周波数爆上がり中なので
その波に乗ってしまおう!

アセンションは始まっている、地球人の波動は爆上がり中~
ということを書いた記事はこちら↓

まだまだ激動は続く地球であり、日本ですけど
だいぶ先が見えてきて、幸せ感が増してきています。
共に頑張っていきましょう~!

読んでくれてありがとうございました。

幸せの四つ葉のクローバー
幸せの四つ葉のクローバー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次