世の中逆さまばかり! 感情表現が豊かだったり空気を読んで人付き合いが上手い人は、魂が薄いことも多い。という仕組みをスピ的に考察してみる。

ここ数年で、スピリチュアルに目覚めた人が多いですよね。

世の中に対する考え方が激変してしまって、
混乱しまくってる人が多いと思います。

neko

君も、それまで特にスピ系だったわけではないよね?
君も混乱しまくってるの?

私は多分、混乱はしてないと思うんですよね~

無意識にスピリチュアルに馴染んでいた気がするんです。
無自覚にスピ系だったのかもしれないですね。

小説や漫画やアニメなどで
SF(サイエンスフィクション)に親しんでいたり。

フィクションと言いながらもこれって本当かもしれないな~
みたいに思っていたので。

あと、特定の信仰はなくても
宗教的な考え方には抵抗がなかったり。
大いなる存在(≒神様的な存在)はいらっしゃるよねうんうん、
と思ってましたし。

そういう私みたいな人も結構いて、
さらっと地球アセンションとか次元上昇とか
馴染んでしまったりもしてると思います。

「思ってたことはフィクションではなかったのね~」
みたいな感じで。

ジャーマネK

そういう方々っていいな~。すごいです!
私は未だに、ワケわからないことばっかりです。
でもアセンションは絶対絶対したいんです~~~!

アセンション意欲が強いのはいいことです~

でも、スピリチュアルに馴染むのが早かった私も
この、何もかもが逆さまという状況には、
けっこうドン引きしてます。

neko

何もかもが逆さま?

社会の仕組み全般、事細かにひっくり返ってしまって
衝撃を受けている人が多いと思います。

政治が!とか経済の仕組みが!とかで
逆さまだったことを紐解いていくのも大事なことですが、
そういうのは専門家にお任せするとして…

私はもう少し、
人間関係魂の本質に関わることで
「こ、こんなことまで逆さまだったなんて…」
ということについて、考察してみたいと思います。

こういうの、あまりわかりやすい説明が見つからないので
興味深く思ってくれる人もいると思う。
よかったら読んでね。

ヒステリック
目次

感情表現が多い・激しい人と、黙っている人。見た目と中身のギャップが…

まず、私について書いてみますと
私は文章に書けば口数の多い人です。

でも、集団の中にいると大抵黙ってますので
メール等でやり取りする機会もないと
静かでぼーっとした人に見えるみたいです💧

neko

わかる気がする
君って何も考えてない人だとか(頭が弱そうとか)
思われやすいんだろうね

なんかカッコの中に聞き捨てならないことが
入ってるような……まあいいか。

発言しなければ何も考えてないと思われるのも
3次元世界において仕方ないことですしね。
(5次元以上になると、心の中が伝わるようだけど)

宇宙度の濃いスターシード的な人は
集団の中で、黙りがちな人も多いようです。

魂が年をとってるので、
経験が多く色々考えてたりはするんだけど…

スターシードは年を取ってるから魂が濃いらしい、
ということについて書いた記事はこちら↓

この場において何を言えば適切なのか…
とか、いつもぐるぐる考えてるような感じかもしれません。
自然に思ったことを話すと浮くのはわかってるので。

このブログを引き寄せて読んでくれているような方は
近い感覚の人も多いかもしれませんね。

私は長年、
発言が常に適切で感じがよく、和を乱さず
場に調和している人
って凄いなあと思っていました。

頭の回転がよく、気が利くんだなあ
と思っていたんですよね。

neko

その通りなんじゃないの?

そうですよね。今でもまだ、
「その通りなのではないか」
と思ってしまったりするのですが、
どうもちょっと違う考え方をした方がいいようなのです。

地球人の肉体は、奴隷にするために作られたらしい?

スピを学んで知ったことなのですが
どうも、そもそも地球人の肉体というのは、
話せば長くなるので超ざっくりで書きますと
地球で金を採掘する奴隷にするために作られたそうなんです。

neko

奴隷!?

宇宙人が遺伝子操作で地球人を作ったのは、
奴隷にする目的だったようなのです。
だから地球人の肉体は「奴隷遺伝子が入っている」とよく言われます。
おとなしく命令に従う遺伝子ということですね。

(これが史実と証明できるものではないので、
信じるかどうかはそれぞれの判断にお任せしますが
スピリチュアルでは広く言われていることです…)

地球人は、宇宙人と地球の動物の遺伝子を掛け合わせて作られた…
ということについて書いた記事はこちら↓

また、地球人を作った宇宙人とは別のようですが
地球は長くネガティブな宇宙人に支配されてきたので…

「言われたことを素直にきく」とか、
「列を乱さない」「こうあるべき」「はみ出てはいけない」とか

なるべく個性を主張せず、皆と同じことをする個体の方が
生きやすいようにインプットされているみたい。

つまり、言われたことをよく聞いて、周囲と同じことをするように
作られているということのようです。

neko

支配者が支配しやすいようになってるんだね

特に日本は島国なので、周囲と合わせないと
生きていけないような社会システムにもなってたり…

わかりやすくざっくりで言えば、地球人って
人に合わせることが
遺伝子と社会システムに組み込まれてる
と言えるみたいなのです。

宇宙的に考えると、
魂は創造主の分け御魂であり、
せっかく分かれた魂だから、様々な経験をできるほどいい。

ですので、できる限り多様であることが求められており
本来は個性こそが大事なのですが…

地球では、人と同じでいること、自己主張しないことが評価される、
という状況になってしまっているということです。

集団

複数の意味を持つ「集合意識」、今回は「周囲との無意識の同調」。

人に合わせて、周囲と常に同調できる人。
それは「集合意識」が強い人ということができます。

ユングによって集合的無意識も定義されましたし

スピリチュアルでは、宇宙全体と繋がる
ワンネスに通じる意識集合意識と言われます。

でもそれらは、意味が違うので
そういうのと混同すると、多分頭がごちゃごちゃになると思う。

スピリチュアル用語は
同じ言葉でも様々な意味で使われてしまっていることが多く
文脈で読み取らないといけなくて難しいのです。

今ここで私が指摘しているような
「周囲と無意識に同調してしまう」ことも
集合意識と言われます。

地球人は集合意識が強く
支配者の言うことに従って合わせる
周囲の考えとも同調して合わせる

……ようにインプットされている
と考えた方がいいようです。

neko

そうか、遺伝子にインプットされているから
いつでも無意識に周囲に合わせてしまうんだね

宇宙意識が強いスターシードは
地球人の集合意識から抜け出しやすい
ということのようです。

地球度の高い、地球由来の地球人であっても
地球人の集合意識から自力で抜け出している人はいます。
でも抜け出すのは本当に大変なことみたいです。

私は多分(広義の、宇宙由来という意味の)スターシードなので
発言が常に適切で感じがよく、和を乱さず
場に調和している人
って凄いなあ」と思ってたけど

どうもそういう人は、集合意識で
周囲と同調せずにはいられない
みたいに考えた方がいいようなのです。

無意識に調和した行動ができるし、
調和せずにはいられないということです。

感情的に泣いたり怒ったりする人は魂が濃いわけではなかった?

また、よく泣いたり怒ったりする人
感情が濃くて、魂も濃いのかなと思いこんでいたんですけど

それも集合意識であることもあるし
(皆が泣くと、無意識に同調して泣いてしまう)

または、処理し切れないことに出会うと
感情を爆発させるしかないという状態だったりするようです。

すぐ怒りを爆発させる人もその系列かも。

感情豊かで、傷つきやすいのかな…
感情が濃い、感じやすい人なのかな…

と思ってしまいやすいのですが、
もう少し反射的な反応であることは多いようです。

感情的であることは、愛や情の濃さとは
ちょっと違うらしい、ということを書いた記事はこちら↓

みなさんも、
「あの人、すぐ泣いたりすぐ怒ってしまうけど
愛や情が濃いっていう感じとは違うような…」

とモヤモヤしたことがある方は多いと思います。

私も、そういう人に出会うとモヤモヤしつつも
「感情が濃い人なのかな」「傷つきやすいのかな」などと
長年思っていたのですけど…

スピリチュアルを色々知るようになって
どうも違うらしい、と確信を持つようになりました。
集合意識について理解したことが大きいです。

魂が薄くなっている人ほど集合意識が強く
「こういうことを言われたら
(事情や状況に関係なく)こういう風に思うものだ」

という思い込みを持ちやすい。
反射的に怒ったり泣いたりするものらしいのです。

次に、魂が薄ければ薄いほど、
AI的・機械的なので
すぐに判断できないことに出会うとフリーズしやすい。
よって反応や行動が激しくなりやすいようなのです。

つまり、薄い人ほど集合意識が強く
感情的反応が早かったり強かったりするので…
そして場の空気に合った発言もしやすいので…

場は「薄い人にまず場が支配され、少しずつ濃い人も引っ張られてゆく」
という図式になりやすいと言えます。
地球はそういう場所だったのです。

魂のない人・薄い人について書いた記事はこちら。
2もあります↓

この視点で考えると
「あの場面で、あの出来事で、確かにそうだった」
と思い当たる人が多いのでは?

逆に言えば、魂が濃いほど
「色々あるよね~」という感じになって
ショックを受けてもあまり大きな反応をしなくなる。

でも、魂が濃いからこそ色々感じ取ってすぐ涙が出てくる…
みたいなことも勿論、ありますので
すぐ泣くから薄い!とか、落ち着いてるから濃い!とか
表面的行動で判断できるものではないんですけどね。

少なくとも、
「ああこんなに泣いてるから、この人は情の濃い人なのだ」
という判断は危ういようです。
千差万別で、人によりけりということですね。

neko

結局「人によりけりです」とか言われると
ガッカリしちゃうな
もっとわかりやすい判断基準はないの?

せっかく地球人として生まれて
沢山の経験を積んでいるわけですので
「わかりやすい判断基準」とか求めずに
様々な人間存在の在り様を味わう方が
味わい深い、バリエーション豊かな経験ができると思います。

neko

人間はめんどくさいなあ……と思ってしまうけど
わざわざ大変な地球に色々経験するために
生まれてきてるって考えたら、仕方ないのかな

せっかくの
「色々な濃さ・次元の人がごちゃまぜで
経験バリエーション無限の地球という場」

を楽しみたいですよね!

よくガックリきたり、ウンザリしたりもしますけど
とても貴重な場所なんですよね~

とにかく「感情表現が豊富で、よく泣いたり怒ったりして
場を支配しやすいタイプ」というのが、
実は周囲の黙ってる人よりも「薄い」人だったりすることは
結構多いのだ、ということが、私のスピリチュアルにおける
大きな悟りだったりするので、説明してみました。

これを理解しておくと、人生の様々な人間関係が
紐解きやすくなるのではないかと思います。


この記事を引き寄せてよんでくれている方は
たぶんかなり濃い方である可能性が高いと思いますので
ウンザリすることも多いかもしれませんけど…

ぜひこの貴重な時期の貴重な地球経験を楽しみたいですよね!
私も頑張ります。

読んでくれてありがとうございました。

人々
人々

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ねこと申します。
都内山手線内側から、郊外立川エリアに引っ越してきた小説家です。
このあたりって、北欧みたいじゃない?と思う日々。
最近小説はちょっとお暇中。
ペスカタリアン、ゆる無添加、ちょいスピ?
※広告は自動広告です。アフィリエイトはやっていません。

目次